ボクシング 格闘技 社会

山根会長の悪事一覧 村田諒太も批判しアマチュアボクシング界に激震

投稿日:

日本ボクシング連盟(アマチュアボクシングを統括)の会長、山根明氏が助成金の不正流用などで大々的に告発されています。

本当に会長なんでしょうか。どうみてもカタギじゃありません。とにかく偉い方だったらしく、どれぐらい偉いかというと、

 

これを見れば一目瞭然ですね。一人だけ玉座のようなイスが用意されてます。

ちなみにボクシング連盟とボクシング協会は別物です。前者はアマチュア、後者はプロを統括してます。ボクシング協会は「我々は関係ない」と知らぬ存ぜぬを通しています。(本当に知らなかったのかな・・)

では山根会長は一体何をしたのか、考えてみます。

 

悪事一覧

今回問題となったのは、助成金の分配を指示した件です。

リオデジャネイロ五輪代表の成松大介(自衛隊)という選手が受け取った240万円の助成金を、山根会長の指示でその他の選手二人にも分配させていた疑惑があります。

(状況が分かりませんが、受け取った選手も選手だなと思ってしまいます。気概はないのでしょうか。)

あとはコーチ陣から寄付と言う名目でピンハネした疑いも。

 

その他悪事一覧

ロンドン五輪で金メダルを獲った村田諒太ですが、その金メダルをかけた試合となった決勝戦にだけ、自分の息子をセコンドにつかせ、村田を逆サポートしたという話もあります。

あとは地元奈良を贔屓するような、「奈良判定」を課していたというウワサもあり、疑惑となった試合で勝利した奈良出身の選手はあの名城信男。後に世界王者にまでなりました。

極めつけは、アマチュアボクシングで使用するグローブの販売を一社で独占しており、その振込先が山根会長の孫である、山根明名義になっているとのこと。まるで日大名物バームクーヘンのような分かりやすい利権です。

(ただこの会長は功績もそれなりにあるらしく、最初は情熱をもってアマチュアボクシングの運営に取り組んでいたのかもしれません。)

 

村田諒太や武井壮らもコメント

ボクシングミドル級王者の村田諒太も

「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」

と勇気あるコメント

 

武井壮

山根会長が私腹を肥やした事に怒り心頭。元十種競技の日本代表だっただけに、アマチュアスポーツの腐敗っぷりも知っているでしょうから、我々よりも思うところはあるのかもしれません。

 

その他ボクシングファンも怒りの声続々

 

まとめ

問題となっているの助成金の分配は、自分の懐に入れた分けじゃないんですけど、その他の悪事が多すぎて、退任は避けられないでしょうね。合わせ技5本ぐらいの判定をされそうです。

現在行われているボクシング高校総体には、名目なのか本当なのか病気で欠席され、まだ一度も姿を見せていません。高校総体終了まで会長の役職を維持できるでしょうか。進展を待ちたいと思います。










-ボクシング, 格闘技, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.