政治・経済

ビットコイン200億円の損失理由がヤバい!CEO死亡アクセス不能で顧客おこ

投稿日:

仮想通貨200憶円が消えてなくなってしまうかもしれません。

ことの発端は、を取り扱っていた取引所「QuadrigaCX」のCEOが病気により30歳の若さでで亡くなってしまったため、コールドウォレットへのアクセスができなくなり200億円分のビットコインの引き出しができなくなってしまったようです。

どうやら亡くなったジェラルド・コットンCEOお一人で管理していたようです。

「クアドリガCX」カナダ最大の仮想通貨の交換会社で、200億円相当の仮想通貨はおよそ11万5000人分が所有していました。「クアドリガCX」はカナダの裁判所に破産手続きを申請したため、受理されてしまえば泣き寝入り、更に死人が増えそうな大規模な被害となってしまいそうです。

 

GMOも大損害

仮想通貨の被害といえば、GMOインターネットもマイニング事業に乗り出して355憶円もの損失を出していました。

マイニングとは仮想通貨の発掘行為。自前のハードウェアで行う分には合法ですが、現状他者のPCやスマホを介して行われることが多く、その場合は違法となってしまいます。一般的にはまだイメージの悪い事情かもしれません。

 

パスワード解除へ

「クアドリガCX」の所有しているPCに200億円への手がかりがありそうですが、こちらのPCにも当然パスワードがかけられているため、今のところお手上げ状態のようです。亡くなったのは残念ですが、事件に裏がないのであれば、自身が責任のある立場ということを理解して、最悪の事態に備えてパスワード解除等の保険も掛けておくべきだったかもしれません。

(まして彼は難病持ちだったようですし)

亡くなったCEOの嫁さんは、顧客に返済するため、事業の売却も検討しているようです。円満解決となるといいですね。

 

ビットコイン殺人

名古屋でビットコインを奪うために殺人事件も起きる世の中です。

(但しこのネーミングに対しては、円殺人やドル殺人って言われないのに仮想通貨だけビットコイン殺人などと名前をつけて悪意がある、仮想通貨のイメージを悪くする、などといった意見が仮想ツーカーの間からは漏れてました)

 

ネットの反応

タムケン責任とれ

これ、信用のない取引所から客離れを起こしてった結果
仮想通貨の需要は上がるかも

仮想なんだから何がおきても受け入れろ

コインチェックみたいにエクセルで保存しておけば簡単だったのにw

仮想通過の元締めなんて 
ハッキングされました~とかパスワード知ってる人が死にました~とか言って 
今年の夏は避暑地でのんびり大金を手に別人の人生を楽しんでる…とかじゃないの?w

皆損しろ

-政治・経済

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.