サッカー ワールドカップ 海外サッカー Uncategorized

クロアチア代表が魂のゴールでイングランドに勝利 ワールドカップ初の決勝へ

投稿日:

素晴らしい試合でした。

ミスも多く退屈な時間帯もあったんですが、ワールドカップ準決勝という特別なシチュエーションと、選手達の特別な気持ちが伝わり、何てことないはずの試合をナイスゲームに昇華です。

これぞワールドカップの舞台。こういう熱い試合を見たくてリアルタイムで観戦しています。では試合を振り返っていきます。

 

クロアチアの勝因

何と言ってもペリシッチでしょう。ゴラッソの1得点と1アシスト、終盤になっても延長3戦目とは思えないスタミナで最後までイングランドゴールを脅かし続けました。

問答無用でMOM、ペリシッチが勝たせたといっても過言じゃないレベルです。

モドリッチというチームの中心選手がスタミナ切れで今日はイマイチだったんですが、これが複数のワールドクラスの選手がいるチームの強みですね。誰か一人が絶好調だと劇的にその日のチームが強くなります。マンジュキッチのゴールも簡単ではありませんので素晴らしかったです。

 

シュート数でも圧倒

前半は押されまくっていましたが、スタミナの配分を考えて敢えて抑えていたのかもしれません。後半から試合終了までクロアチアペースでした。

支配率でもシュート数でもクロアチアがイングランドを圧倒。見た限りでは完勝でした。

ペリシッチと香川。ペリシッチのインスタです。

ドルトムントで1年だけかな、一緒にプレーして、しかもリーグ優勝という素晴らしいシーズンを共に過ごしたので、お互いにいいイメージがあるんじゃないですかね。

まあペリシッチはこの頃燻ってはいたんですが、インテルとこのロシアワールドカップでワールドクラスの選手であることを証明しました。

香川も今回の活躍でキャリアでもう一花咲かせるラストチャンスがあると思うので、非常に楽しみです。個人的にはアーセナルを希望。十分やれるはずです。

 

日本とクロアチアの違い

日本がやらなかったやるべきセオリーを、クロアチアは当たり前のように実践していました。

終了間際のコーナーキックはショートーコーナーにする、リードしている時はうまく時間を使う、これが全てとは思わないですが、日本もこれから学んでいかなければいけません。

 

イングランド代表の敗因

細かいポジショニングの変化などは当然あるんでしょうが、大枠は90分縦ポン一辺倒のサッカーで、イングランド人以外のサッカーファンを敵に回していた気がします。

とにかく退屈なサッカーです。(勿論個人的な趣向にもよります。)

得点王がほぼ確定しているハリーケインも良い選手ではあるんですが、PKやらごっつぁんですらないラッキーゴールなどもありましたし、組み合わせにも恵まれ、今回のイングランドには個人的には、応援する要素があまりありませんでした。

セットプレーと縦ポンで勝ち上がってきたイングランドですが、今日のように劣勢の時には何か新たなカードがあるのかなと思ったら何もありませんでしたし、強烈ではあるんですが攻め手の少なさは敗因の一つになったと思います。

あとは追い付かれてから急に浮足出し始めました。これまで危なげない試合て勝ち上がって来た事と若さが出たのかなという感じです。

 

ミックジャガーの呪い

サッカー好きでワールドカップでもVIP席などから観戦しているみたいですが、ことごとく応援するチームが負けてしまうジンクスがあるみたいです。

私はその類の話は全く信じていないので、笑い話として解釈してますけど、イングランド戦も観戦に行くようなことを言っていたので過激なフーリガンなどは怒る人もいるかもしれません。

ベルギー戦でも応援していたベルギーが負けていましたね。日本戦でも観戦に来てくれたら違う結果になったんでしょうか。

 

まとめ

イングランドは無気力試合で楽なブロックに行っておきながら、ポーランド戦の日本代表を批判していたので、個人的には俄然クロアチアを応援していました。

(無気力試合自体は全然問題ないんです。イングランドメディアの二枚舌が受け入れられませんでした。)

更にクロアチアは2戦連続で延長戦を勝ち抜いてきたという判官贔屓の感情もあったので、今日のクロアチアの勝利はうれしかったです。まあ、クロアチアなんて一切何の縁もないんですけどね。ただそうやって敢えて勝手に肩入れした方が面白くなれたりもします。

決勝トーナメント16カ国が確定した段階で予想した通りの決勝の組み合わせになりました。予想としてはフランス、感情としてはクロアチアでしょうか。クロアチアにはしっかり休んでもらってナイスゲームを期待したいです。














-サッカー, ワールドカップ, 海外サッカー, Uncategorized

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.