不祥事、事件 政治・経済

ゴーンイスラエル入国罪で逮捕へ マロン派レバノン大統領と対立の弁護士告発か

投稿日:

日本を出国しレバノンに逃亡、無事逃げ切ったかに思えたカルロスゴーン氏が、イスラエルに入国した罪で告発されたことが明らかになりました。有罪となれば最大で禁固15年の刑が科されるとのことです。

レバノン政府はゴーンを渡さない姿勢であったはずですが、なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。また日本ではゴーンの思わぬ危機に同情の声は全くありませんでした。

レバノンのミシェル・アウン大統領はゴーン保護を表明していますが、アウン大統領はマロン派のキリスト教徒、今回ゴーン氏を告発したレバノンの弁護士は、マロン派と対立関係にあるギリシャ正教徒、あるいはイスラム教のシーア派、スンニ派ではないかと言われています。

首相や国会議長はイスラム教徒なので、レバノン政府も決して一枚岩ではないということですね。

この事はカルロスゴーンも認識していたはずですが、イスラエル入国が罪になり告発までされるとは誤算だったのでしょう。現レバノン政権がいつまでゴーン氏を守ることができるのか、ちょっとわからなくなってきました。

この件もお金で解決という可能性もありますが、安心したのもつかの間、今頃は空港で楽器用の木箱に隠れていた時のような緊張感で過ごしていることでしょう。8日に日本をやり玉にあげる会見を開く予定ですが、どうなるでしょうか。個人的には日本を悪者にして乗り切る算段かなと予想しています。

↑ トルコではパイロット7人を拘束、さらにカルロスゴーンも航空機を違法で使ったとして告訴されています。徐々に彼を取り巻く環境はハードになってきました。

 

いつ何の目的でイスラエルに?

2008年にイスラエルに渡航し投資家シャイ・アガシと電気自動車ベンチャーを立ち上げています。100%電気だけで動くエコ自動車を販売予定だったとのことですが、このビジネスが仇になってしまいました。

イスラエル大統領と握手までしています。万が一出入国スタンプが無かったとしても言い逃れできない状況です。ゴーン氏はこのことを忘れていたのでしょうか。

2008年の件は10年以上前なので時効、最近も渡航していたと弁護士は主張してるようですがどうなるのでしょうか。

 

日本に戻ってきた方が安全説

皮肉交じりにではありますが、少なくとも身の安全は保障される日本の方がいいのではとも言われています。

↑ レバノンの刑務所。金次第かもしれませんがデフォルトでの環境と命の安全面については日本の刑務所の方がクリーンと言えそうです。

 

前澤社長はイスラエルへ

何しにいってたんでしょうか。これで前澤社長はレバノンへ行けなくなってしまいました。

 

ネットの反応まとめ









-不祥事、事件, 政治・経済

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.