芸能人 炎上 アイドル

早川麻依子ツイッター開始⇒炎上 AKS所属のNGT48新支配人、開始直後の応援消滅

更新日:

松村匠氏にかわり、NGT48劇場の支配人となった早川麻依子氏がツイッターを開始されました。

しかしNGTメンバーにはSNS禁止令で情報統制し、山口真帆さんら運営にとって煙たいメンバーも卒業した後ということもあり、ネットでは自分達に都合のいい事しか呟やいていないと炎上する事態になっています。

エケペディアより

SKE48、AKB48、STU48のマネジメントを歴任してきたきっとやり手の方なのでしょう。負け戦がほぼ確定した後なので、ババを引いたともいえるNGTの支配人は損な役回りですが、ツイートを見る限り、体制側の人間であると感じるファンが大半だと思います。

 

早川麻依子ツイッター開始直後

考える時間が十分あっただけじゃなく、間違いなく弁護士なども間に入って発言していると思うのですが、それにしては要領を得ない発言がいくつかありました。

↑ ツイッター開始時の発言。この開始直後には以下のように期待するリツイートも多くありました。

しかしながらこれらファンの希望は、早川麻依子支配人のその後の発言によって打ち砕かれていってしまったようです。

結局はNGT48残留メンバーのためだった

一応メンバーに謝罪はしていますが、最も伝えたかった事はネット上で黒いメンバーと揶揄されている残留組が、誹謗中傷や殺害予告で疲弊している、NGTメンバーは潔白という点でしょうか。

先日も荻野由佳が精神的に参っていると報道がありました(残念ながら加藤美南の不適切投稿で、荻野由佳に同情する機運は高まりませんでしが)。私は次の早川麻依子さんの発言に驚きました。

 

早川麻依子驚きの発言

これは何なんでしょう。AKSや既存メンバーは歩み寄っていたのに、卒業となった山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の3名が聞く耳もたず現在の結果になってしまったと言わんばかりです。

いつまでこのような無理のある主張を続けるのでしょうか。未だに脱退したメンバーに何らかの責任を擦り付けようとしているのは悪手と言わざるを得ないです。

↑ 一応バランスをとるために謝罪はしています。

加担したメンバーはいない

↑ 被害届を取り下げたのは山口真帆さん自身であるという主張。形式上はそうなんでしょうが、山口真帆さんとしては当時の支配人の言葉を信じての行動であったと言っていたはずなので話が食い違っています。とはいえもう彼女は研音に移籍したのでこの問題に触れる事もないでしょう。

ネットの反応は

そのほとんどはネガティブな反応でした。

卒業公演には感謝の声も

一応フォローしておくと、山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈ら三人の卒業公演についてはよくやってくれたと一部感謝しているファンもいました。

山口真帆は研音に

NGT48を脱退し、AKSからも退所した山口真帆さんは研音に所属決定との報道がありました。どうなることかと思いましたが結果的に大勝利ですし、今更AKSや残留メンバーが何を呟いても山口真帆さんとしてはノーダメージだと思います。

AKSとしては完全に暴行事件後の対応を間違えてしまいましたね。

のっぴきならない理由で、特定のメンバーを守る必要があったのかもしれないですが、会見中に山口真帆さんにツイッターで発言させてしまうなど、大人の組織なりの狡猾さもありませんでした。トカゲの尻尾切りが松村匠支配人とは切る場所も間違っていました。

一昔前のSNSがなかった時代ならば、間違いなく山口真帆さんは丸め込まれていたのでしょう。山口真帆さんはうまくSNSを使い世間を味方につけ、残ったメンバーはSNSで次々自爆、SNS時代を象徴するかのような顛末になりました。もはや解散を望む声が大多数ですが、NGT48に生き残る道はあるのでしょうか。




-芸能人, 炎上, アイドル

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.