芸能人 お笑い芸人

松本人志と上沼恵美子の対談を解説 さんまより好き 共演NG芸能人

投稿日:

ダウンタウンの松本人志さんが、上沼恵美子さんと「快傑 えみちゃんねる」にて1時間近くの対談を果たしました。M1グランプリの審査員で共演はされていますが、それ以外だと2006年に「松紳」に出演して以来なので13年ぶりの絡みはファンにとって興味深いやりとりが多かったです。

やしきたかじんさん亡き今関西で一番影響力を持った重鎮といってもいいでしょう。とろサーモン久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智は上沼恵美子の芸人としての能力だけでなく地位も甘く見ていた節があります。

個人的に一番面白かったのは、ナイトスクープ局長になって皆歓迎するかと思ってネット見たら案外そうでもなかったと言っていたのが笑いました。松本人志や孫正義、ダルビッシュはなぜ超大物なのにネットの意見が効いてしまうのでしょうか。

その他対談の内容について紹介します。

 

【動画】松本人志と上沼恵美子の対談

ざっと要約します。

共演NGタレントー

松本人志は笑福亭鶴瓶。ただし共演しても勝てないというポジティブなもの。あとは肉体関係のあった女優(常盤貴子?)は無理のようです。上沼恵美子は単純に嫌で共演NGの女優などが複数人いる。事前にスタッフに通知している。20人ちょいいてリスト化している。

上沼恵美子が20人といったあとの松本人志の「ふひっ」は観覧客を沸かせていました。

とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智についてー

上沼恵美子曰く女性蔑視。ただし暑かった時間は短く、当時から一貫して直接的な反論はしていないのでそれほど気にしていない、というスタンスで対処しています。松本人志は彼らのことを一度こっそり関西まで謝罪にきていました。

これは初めて明かされた情報で、上沼恵美子さんは私は本当に言っちゃいけないことは言わない口が堅いと熱弁。しかし松本人志は美談になるからもっと早く言って欲しかったとオチをつけていました。上沼恵美子は業界内でも評価が高かったので大崎会長などもやってきたようです。

会うと緊張する芸能人

上沼恵美子は都はるみ、松本人志はさだまさしのことが好きで緊張するとのこと。そして好きすぎると嫌われたくないが故に面白いやり取りにならないことが多いようで好きなタレントとはあまり共演したくないと松ちゃんは言っていました。

そのため上沼恵美子さんとも共演したくなかったと以前から好きだったことを明かしていました。島田紳助さんとの共演も自分が面白くないと思われていたことを気にしている様子でした。

吉本興業についてー

松本人志が上沼恵美子と笑福亭鶴瓶は吉本興業という大手事務所を相手にして今の立場まできたのは凄いと褒めると、上沼恵美子が吉本に2つ番組を潰されたと毒を吐いていました。

とはいえそれは吉本興業や大崎洋会長の仕事だから仕方がないと恨んではいない様子。

視聴率についてー

上沼恵美子は誰かがゲストにやってきて低視聴率だとそのゲストを嫌いになるそうです。松本人志が苦笑いしながら今日低視聴率だったら嫌だなといっていました。これは関西で視聴率を持っている上沼恵美子ならではでしょうか。

スキャンダルについて

松本人志は自分が何かしらのスキャンダルを起こしたときは忖度などせずに番組でどんどん扱って欲しいと熱弁。ただ個人的には松ちゃんはやかましく言われたら根に持つタイプの人間だと思ってます。基本的に面白い人間は器の小さい方が多いです。

「犯罪はやっていないが」と言ってましたが、行間を読むと不倫を現在進行形でやっていると解釈する方も出てきそうな場面になっていました。散々遊びつくして愛妻家になっているので個人的に今のところは大丈夫じゃないかと思ってます。むしろあまり真面目を思われすぎると困る職業なので、最近チラホラ不倫をにおわせている感もあります。

最後の質問はアジフライとイカフライ

上沼恵美子さんから最後の質問と称して、アジフライとイカフライには何をかけるか聞いていました。松本人志さんはこの番組はそれが大事な番組なのかとうまい返しをしてましたが、一応の意図はあって彼が東京に染まったかどうか知りたかったようです。

案の定イカフライやてんぷらに塩と言っていた松本人志さんに対し、「東京の人になった」とやや悲し気に言葉を返していました。

孤独感について

これだけの高見に達すると孤独感があるのでは?と松本人志に尋ねていました。松ちゃんはあれだけ親しかった人にこんなミーハーなこと聞かれるのかと言ってましたが誰の事なんでしょうか。個人的には中学までの同級生で元相方の伊藤君とかを想像してしまいました。

 

ネットの反応


褒めすぎ問題

島田紳助のときもそうでしたが、上沼恵美子と松本人志も褒めあいのオンパレードで若干胃がもたれてしまいました。とはいえそれだけ松本人志が業界内で評価されているということでしょう。

上沼恵美子さんは以前さんまのまんまに出演した際の態度と全然違いましたね。過去の遺恨もありますが、芸人として松本人志の方をより評価している感じがしました。上沼恵美子はスタイル的にはさんまタイプなので意外です。

まあ褒めあいはいいとして、松本人志さんは先輩と絡むより彼をトップとした環境でやるのが一番力を発揮できる気がします。先輩でしかも自分を認めている相手だと性格的に控えめになりすぎる印象があります。逆に明石家さんまは先輩と絡んだ方が面白いまであるんですが、ここ最近はなかなかその機会がなくて残念です。ということでお二人の対談についてでした。




-芸能人, お笑い芸人

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.