芸能人 アイドル お笑い芸人

松本人志が指原莉乃のHKT卒コンに来た理由 内田裕也のコスプレで娘も喜び

投稿日:

HKT48指原莉乃さんのの卒業コンサートに、何とダウンタウンの松本人志さんがサプライズで登場しました。

遺書が出版された頃の尖っていた松本人志が知ったら「何やってんだ俺」と自問自答しそうなポップな行動ですが、ネットでは思いの外好意的な反応が多かったです。

会場は神奈川にある横浜スタジアム。松本人志ほどの大物を動かすとは指原莉乃はさすがですね。秋元康の頼みかもしれませんが、それでも松ちゃんの召喚はそうそうできることじゃないです。

(笑)

内田裕也の恰好して松本人志さん登場したようです。

まあ多分扮装は誰でも良かったんでしょうね。とりあえずコスプレしないと恥ずかしくてどうしようもなかったんだと思います。ビートたけしがコスプレしてるのもそれが理由です多分。どちらも超一流の芸人さんでとっても照れ屋さんです。

こんなことまでしちゃってます。バンドでいうならローリングストーンズやXジャパンが突然カントリーミュージック歌い始めたみたいな感じでしょうか。私は笑いましたがショックを受けたファンもいるかもしれません。

ちょっと良く分からないのが、アイドルのライブに来てるようなお客さんって、松本人志を見て喜ぶんですかね。松ちゃんファンだけに、こんな大物がわざわざ横浜スタジアムまで足運んでスベっちゃったみたいな事にはなって欲しくないです。

まあきっと喜んでくれたんでしょう。

 

ライブでのやりとり

「素敵な思い出をありがとうございました。天国でまたシェキナベイベーしましょう」

歌唱前に内田裕也さんへのメッセージが映し出され、コスプレした松本人志さんがサイドカーで登場したそうです。

「僕じゃないです、コイツが『炎上を止めたの私でしょ。
来てくれたら秋元さんが感謝してくれますよ』とか言うんです。無理やり、悪いヤツなんです、コイツ」

照れ隠しで相手を責めるいつもの松本メソッドで会場を沸かせてくれました。

その後は

「松本さん干されなくてよかったですね」

と指原莉乃さんが言うと、

「リハで(午後)2時から来させられるし、衣装合わせも何日も前からさせられるし~」
ボヤき、本番までの時間つぶしに食事した領収書を、指原に渡して、「とにかくよく頑張ったよ。この図太さというか、これから先も期待できるし、俺の卒業も来てよ」

最後はナイスボケでしめてくれました。この後は内田裕也さんの十八番である「シェケナベイベー」でデュエットしたそうです。

ワイドナショーで誘われていたのが実現しましたね。そういえば松本人志さんは上沼恵美子さんに関西の番組に来てと誘われていましたが、あれはどうなったんでしょうか。

 

松本人志が指原の卒コンに来た理由

理由は3つですかね。

まずは以前あった「体を使った」のセクハラ行為で指原莉乃さんに借りができてしまいました。

騒動後には相当叩かれてしまった松本人志さんですが、指原莉乃さんの機転の利いた行動によって、割とすんなり事態は収束していきました。笑いはしましたがあれはこのご時世では完全にアウトです。

あと指原莉乃さんのタレントとしての能力を高く評価していることもあるでしょう。ダウンタウンなうに出演したときも、指原莉乃さんのことを絶賛していたみたいですし、指原莉乃さんは今後女性芸能人のトップに上り詰めるかもしれません。

そして一番大きい理由は多分嫁さんと娘さんの存在だと思います。

やたらヒカキンさんの事も好意的に受け入れている松本人志さんですが、この手のタレントは子供受けが良いので、娘さんの事もあって仲良くしている感じはしています。卒コンにもご家族が来ているとの情報もありました。

前日の松本人志さんのツイッターでの発言。新幹線の中で卒業コンサートのことを考えていたんでしょうか。

これはまだ大物になる前の指原莉乃さん。さんま御殿で将来売れっ子になる片鱗を見せていました。

 

ファンの反応

概ね好意的な反応でした。

松本人志が丸くなった件

恐ろしく丸くなりました。芸能界で尖っていた方といえば先日亡くなってしまった萩原健一さんもそうですが、彼が今の松本人志の年齢の頃にはまだ尖っていて逮捕とかされていた記憶があります。

きっかけは仕事での一段落と家族の存在ですかね。萩原健一さんも最後の嫁さんができてから凄く他人に優しくなってました。松本人志さんはもう映画をやる気がないでしょうから、あとの人生は家族や仲間たちと楽しくという考えが強い気がします。

まあ50歳すぎて尖っているのも考え物なので、今の姿は自然な成り行きだと思います。以上松本人志さん指原莉乃さんの卒コンに登場についてでした。














-芸能人, アイドル, お笑い芸人

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.