災害

【画像】北海道で爆発アパマンショップ消滅 原因は灯油でもガソリンでもない

更新日:

北海道札幌市豊平区平岸の居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」で、大爆発が発生し現時点で1人が重傷、41人が負傷。現在北海道県警が爆発の原因など調査していますが、まだ第二第三の爆発の可能性があるとして近くの住民には避難を推奨しています。

現場の爆発前と後の画像比較、TVで報道されている「灯油とガソリンの混合」による爆発は可能性が低い事について紹介します。

 

北海道で爆発

 

消えたアパマンショップ

爆発前にあったはずのアパマンショップが跡形もなく消滅しています。

ガスボンベの引火も爆発の原因となった可能性もあるようです。

民放ではこの日シンゴジラが放送されていました。

スポンサーリンク


海さくらも壊滅

爆発後には看板が落ちて店というかビルごと壊滅しています。 災害を除いて日本でこれほどの爆発があったのは記憶にありません。

 

爆発の原因

北海道では、テレビで報道されていた「灯油とガソリンを間違えて入れる」みたいなことはほとんど起こり得ないようです。理由は油配達専用車両から屋外設置の灯油タンクに直接給油しているから。北海道は既に大雪でしたし、本州以南の地域の方とは違う生活環境があります。

 

まとめ

通り魔のニュースを見れば人が少ない道を避けるとか、暴君に絡まれて大怪我というニュースを見れば外では大人しくしてようとか被害者の方に無事を祈る一方で自分への戒めにもなることが多いんですが、この手の事件は気をつけようがないので、どうしようもないです。次の爆発が無い事を祈るばかりです。














-災害

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.