炎上 youtuber(ユーチューバー) コロナウイルス

ホリエモン ロケット中止の理由 コロナ自粛だけじゃない大樹町の事情

投稿日:

ホリエモンこと堀江貴文さんが住民票のある北海道大樹町から出ていくようです。

自身のツイッターにて「嫌なことをされたから大樹町民を辞める」と捨て台詞を発していますが、どうやらホリエモンがスネているのは、計画していたロケット打ち上げイベントの中止が原因のようです。どちらの言い分に理があるのでしょうか。

自身のyoutubeチャンネルでは「いってらっしゃい!」がお決まりのセリフになっていますが、今回は大樹町民から見送られる立場になってしまいました。

ホリエモンは宇宙ベンチャー企業「インターステラテクノロジス」に投資しており、5月2日観測ロケット「MOMO5号機」の打ち上げを予定していました。しかしながら大樹町民からのクレームもあり行政はロケット打ち上げを許可せず、ホリエモンとしては、納税や宇宙事業を通じて大樹町の地域おこしに貢献してきた自負があるでしょうから、それが今回の発言に繋がったんだと思います。

尚今後の予定は白紙、4000万円の投資も水の泡になる可能性が高いと報道されています。

 

ホリエモンは怒り心頭

ツイッターで愚痴をこぼし続けています。

ロケット打ち上げ中止の理由は

コロナウイルス感染防止のために、各種イベントが自粛を要請されていますので、大樹町としてもそれに倣った格好です。また大樹町の酒森正人町長によると20件ほどのクレームがあったそうです。

ホリエモンはロケット打ち上げぐらい問題ないと反論していましたが、ゴルフと同じくそこに至るまでの移動空間の安全性は高いとは言えません。北海道は危険な状態から持ち直した背景があるので、慎重になるのも無理はないです。

 

嫌われすぎ

あとは個人的にはホリエモンが日頃の奔放な言動によって敵を作りすぎてしまっていることが原因である気もしています。要は嫌われすぎです。ホリエモンは熱心な信者もいますが熱心なアンチも少なくないので、今後この件で気分を良くしたアンチの横やりが入ってくるかもしれません。

酒森正人町長や役所の人間も、ホリエモンを庇おうという気持ちになれなかったんじゃないでしょうか。人に嫌われても一文の得にもならないですが、ホリエモンの場合その過激な発言によって信者を獲得している面もあるのでトレードオフですね。今後も彼は変わらないはずです。

 

ホリエモンへの擁護も

ネットの反応まとめ

宇宙開発事業自体は応援していたので、そこは残念です。今はスネていますが再び頑張って欲しいです。










-炎上, youtuber(ユーチューバー), コロナウイルス

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.