メジャーリーグ 野球

イチローが引退しない理由 通算安打数狙い?日本での開幕戦はスタメン確約

更新日:

マリナーズに所属するイチロー選手ですが今のところ引退する予定がありません。2010年頃までは一流プレイヤーでしたが、マリナーズ最終年となった2011年からはかなり衰えており、ここ何年かに至ってはメジャー契約されているのが不思議なレベルにまでパフォーマンスが低下しています。

アメリカメディアからは「いつ引退するのか」という手厳しい質問も。日本のファンからは失礼な質問という声が多かったですが、ツイッターでこのことに文句言っているような方の9割以上はイチローのメジャーリーグでの試合をまともに見たこともない人たちです。

(WBCはともかくイチローのMLBでの試合自体が日本で話題になったことはほぼ皆無。せいぜいリーグ優勝した初年度ぐらいです。イチローは良くも悪くも日本では数字が注目される選手です。)

数年前ならばともかく、現在このような質者をされるのは、仕方がない状況です。

 

打てないイチロー

開幕戦にむけ日本でプレシーズンの試合をしているマリナーズとアスレチックス。イチローも開幕戦のベンチ入りは当確状態なので、試合に出ていますが、打率は1割以下と全く打てない状態です。

ただ日本の投手に対して「球が遅い」といったことが『打てなかったくせに』とやたら言われていましたが、これは別に遅いことを下にみていったわけではないです。タイミングが取りずらいといったニュアンスでした、球速が速ければいいわけじゃないのは常識です。

 

守備走塁も衰えている

MLBのセイバーランキングなどを見ていると、イチローは打撃ではなく守備走塁とあわせた総合力の選手だということが分かります。全盛期は見事な守備と走塁でした。

しかし現在はこの2つもかなり衰えており、守備指標のUZRも平均を下回っているため、守備固めなどの便利屋としても使い難い状況です。(全盛期は素晴らしかったですし、キャリア通算ならば2000年以降ではベルトレに次ぐ現役では2位の成績です)

というような感じなので、もはや目だけが衰えたとかそういう問題じゃないような気がします。ただし巨人の原辰徳監督は「イチローは衰えていない」と太鼓判を押していました。お世辞じゃないのであれば、プロにしか分からない部分もあるのかもしれません。

 

開幕戦はスタメン出場へ

マリナーズのGMディポトは、

「開幕戦で4安打出来るかはわからないが、彼はすでに素晴らしい準備ができている」

と開幕戦でのイチロースタメンに前向きですし、サーバイス監督も積極的にプレシーズンゲームでイチローを起用しています。何よりわざわざ日本で開幕戦をやりますし、マリナーズは優勝を期待されるようなチームでもないので、開幕戦でのイチロー出場はまず間違いないとみていいでしょう。

マリナーズファンもこれまで貢献してくれたイチローの出場についてはポジティブに考えてくれると思います。ただ多くの人が望んでいるのは「開幕戦を引退試合に」ということです。決めるのはイチローの自由ですし、自分で引退を決めることができるレジェンドプレイヤーですが、皆が望む結末と違う展開になれば、徐々に風向きが変わりイチローも批判の対象になっていくでしょう。

アレックスロドリゲスなども最後はほとんど強制的に引退していました。マリナーズはヤンキースほどシビアな球団ではないですが、それでも選手枠に余裕のないMLBで今のイチローをずっとベンチに置いておくほど甘い世界ではありません。

 

なぜ引退しないのか

まだやれるという思いもあるんでしょう。あとはずっと野球だけをやり続けて来て子供もいないイチローは野球をやめた後の生活が想像できないんじゃないですかね。

引退に関しては

「いつ分かるんですかね。それは僕にも分からない。こういう質問に慣れていないとまた思いました」と首をひねりながら、「12年にシアトルからニューヨークにトレードで行ったわけですけど。毎日その日を懸命に生きてきた。マイアミに行ってからも同じ。メジャーリーグは厳しい世界。いつ通達が来るかも分からない。そういう日々を過ごしてきた。そして今日またここにいるという状態です」

このように言っていました。

成績が伴わないにもかかわらず試合に出場できていることについては、

「本来ありえないことだと思う。やっぱり日本人であることで、すでに勝ち組なんだなと思っています」

と自虐っぽく言及していました。ユーモアのセンスは年々上がっていますね。解説者になっても面白そうです。監督になると叩かれてしまうのであまり見たくないかな・・・まあサッカーと違いMLBでは一流選手が監督になることは少ないので、可能性としては低いと思います。

通算安打記録

イチローが一番拘っている安打数の記録ですが、これはもう関係ないです。

日米の通算安打記録ならば、4367本で既にピートローズ(4256本)を超えて歴代一位ですし、MLBでの通算安打数は3089本で歴代22位と割と中途半端な順位なので、これ以上続けても大差ないどころかキャリア通算の打率などの指標を下げるだけで、むしろ成績の見栄えは悪くなります。

やはり単純に野球が好き過ぎて引退に踏み切れないのかなと思います。

 

日本でのカッコいいイチロー

ケングリフィーとイチロー。どちらもマリナーズのレジェンドです。

上原浩治はイチロー大好きですから対戦を心待ちにしていたようです。

 

ファンの反応

カズとの違い

サッカーのカズはイチローよりはまだ温かい目で見られていますが、カズはJ2というレベルが低いカテゴリーでやっているのに対し、イチローは野球最高峰のMLBに身を置いているので、ファンの目が厳しくなるのも仕方ないです。

年俸もイチローが75万ドルであるのに対してカズは数百万です。イチローも独立リーグでやっていればカズのように温かく応援してもらえるはずです。無論イチローは高いレベルでやってこそという信念はあるでしょうし、独立リーグどころかNPBにも来ないと思いますが・・・

何か奇跡でも起きない限り、日本での開幕戦がイチローがメジャーリーグでプレイする最後のタイミングとなるでしょう。MLB殿堂入りも約束されているレジェンドイチローの散り際を目に焼き付けようと思います。




-メジャーリーグ, 野球

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.