競泳 オリンピック

池江璃花子が退院 東京五輪断念もパリオリンピック向け復帰へ

投稿日:

白血病のため競技活動を休止し闘病していた池江璃花子選手が、自身のツイッターとインスタグラムで退院を報告、更にパリオリンピックを目指すと宣言しファンを喜ばせてくれました。

恐らくは闘病でひと段落ということだと思いますので、本当に良かったです。さすがに東京五輪は断念とのことですが現在まだ19歳、彼女の才能と心の強さがあれば何だってできる気がします。寄せられた多くの応援メッセージなど紹介します。

↑ ツイッターの直筆メッセージ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 昨日ディズニーランドに行きました🐭🏰 ずっと行きたかったので大満足の1日でした🌟 #tokyodisneyland

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿 -

かわいい。2019年8月にはディズニーランドにいった様子をインスタで紹介されていました。血色が良かったので治療が上手くいっているのかなぁ、そうだったらいいなあとは思っていました。ちょっと細くなりましたかね。

当然筋力は大分衰えているでしょうが、若いので病気が完治さえすれば何だって乗り越えられるはずです。

 

白血病発覚から現在までの発言

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。 日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。 この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。 私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。 池江璃花子

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 昨日から沢山のメッセージありがとうございます。 ニュースでも流れる自分の姿に、まだ少し不思議な気持ちにもなります。 そんな中で皆さんにどうしてもお伝えしたく、更新させていただきます。 皆様からの励ましのメッセージの中に「骨髄バンクの登録をした」「輸血、献血をした」など、沢山の方からメッセージを頂きました。私だけでなく、同じように辛い思いをしてる方達にも、本当に希望を持たせて頂いてます。 私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。 もちろん、私にとって競泳人生は大切なものです。 ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います。 しばらくの間、皆様に元気な姿をお見せすることができないかもしれません。 そしてしばらくの間、私も皆様と同じく応援側に回ります。引き続き、トビウオジャパンの応援、支援、そして沢山の様々なスポーツの応援、支援を宜しくお願い致します。 改めて皆様のメッセージとご協力に心から感謝します。 必ず戻ってきます。 池江璃花子

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿 -

人目を避けて目立たないように闘病する道もありましたが、彼女は積極的に情報を発信して経過をオープンにしていました。ファンを信じているんでしょうね。真っすぐで心が強い人なんだと思います。

白血病の方にも勇気

彼女レベルの若い有名人が病気や怪我になるとショックは大きいですが、乗り越えた時には勇気を与えてくれますね。

大病を患い競泳の競技者としてはちょっとだけハンデを背負ってしまいましたが、オリンピックを人に感動を与えるための祭典と解釈するならば、池江璃花子さんはパリ五輪に出場するだけで、それはもう金メダル以上の価値のような気がします。ここからの彼女のストーリーは競技の枠を超えた求心力を生み出してくれるはずです。

 

ネットの反応まとめ

退院おめでとうございます。応援しています。

池江璃花子の得意種目

50m~100mの自由形とバタフライと得意としています。ライバル達も病気になった彼女を応援してくれていました。復帰を心待ちにしています。









-競泳, オリンピック

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.