炎上 国際ニュース 政治・経済

丸山穂高の戦争発言、日本維新の党がロシアに謝罪で日本国民怒り

投稿日:

日本維新の党を除名処分となった丸山穂高衆院議員の「戦争しないとどうしようもなくないですか?」といった過激な発言の責任をとるため、日本維新の党の片山虎之助共同代表と馬場伸幸幹事長が、ロシア大使館に謝罪に訪れました。

ロシア大使館のガルージン大使は丸山議員の「戦争」発言に不快だったようですが、今回の謝罪はロシアに利用され兼ねないだけに、ネットでは今回のロシア大使館への謝罪の必要性について真っ二つの意見に割れていました。

一方丸山穂高議員も、国後島で元島民や自身の発言については反省しつつも、ロシアへの謝罪は言語道断と遺憾の意を表しています。

もはや日本維新の党とは無関係になったので、徐々に発言が過激になる丸山穂高議員に不安を感じますが、そうはいっても今回の謝罪は少し軽率だったような気もしてしまいます。

 

丸山穂高議員の発言

もはや怖いものなしの丸山穂高議員は「本音で語る政治家」に舵とりし覚醒しつつあるようです。再選するかどうかは分かりませんが、一部の熱烈な支持者を獲得しています。

議員辞職まで勧告してきた日本維新の党と徹底抗戦する構えです。過激なスタンスは「NHKから国民を守る党」の立花孝志議員を彷彿とさせますが、丸山ほだかさんの場合、国政に関わっているので一歩間違うとシャレにならないことになってしまいます。

 

松井一郎代表のアル中発言

政治家が当たり前のようにツイッターで発言している凄い時代になってしまいました。厳しい言葉で議員辞職を求めています。

議員辞職は厳しい

辞職レベルの失言だったかのかどうか判断が難しいところです。

根底には愛国心があるのではと彼を擁護する意見も理解できますし、あまりに軽はずみだったという批判も分かります。個人的には過去の酒トラブルも考慮すると辞職止む無しなのかなと思います。(但し大使館への謝罪は必要ない)

高須院長らのロジック

高須院長などは「戦争」ではなく「奪回防衛実効支配」という防衛が名分としてあるので憲法にも反しておらず、丸山議員は決して間違っていないと主張していました。丸山議員にとっては頼もしい味方じゃないでしょうか。

 

日本維新の党への批判の声

まずは批判の声から。いつもの日本の弱腰外交を嘆く声が多くありました。

丸山議員への批判

日本側の謝罪止む無しといった意見も少なくなかったです。印象としては4割弱でしょうか。

日本はロシアと戦争したら負ける件

今回は酒の力もあって丸山穂高議員が馬脚を現し排除されようとしていますが、戦争を密かに肯定する議員はこれから増えてくるんじゃないですかね。

ここで一番問題なのは、本当にロシアと戦争になったら日本は多分負けてしまうということでしょうか。北方領土を取り戻すには戦争以外の選択の方が望ましいというより単純にそっちのほうが可能性が高いのではと思っています。

まあけん制の目的で戦争をチラつかせる外交手段の一つであれば理解できますし、現実問題アメリカや中国も介入するでしょうから単純に事は運ばないとは思いますが、軍事力ではロシアに負けていることは肝に銘じておかないといけません。

今回の謝罪がロシアに利用されないよう、うまく立ち回って欲しい所です。









-炎上, 国際ニュース, 政治・経済

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.