プロレス 格闘技

タイガーマスク逮捕 金本浩二は悪くない 嫁へのDVと韓国人報道

投稿日:

3代目タイガーマスクを務めたプロレスラーの金本浩二さんが、嫁さんへのDVで逮捕されてしまいました。漫画の中のタイガーマスクは孤児院の子供に夢を与えていたのですが現実はそんなメルヘンの世界ではなかったようです。

この体の画像だけで金本と分かったら相当なプロレスマニアです。

逮捕も驚きですが、27歳も年下の若奥さんをもらっていたこと、そして本名が金日宇という韓国人だったことなど、他にも驚かされることが多い事件です。

ニュースでマンションも映っていました。現在は兵庫県神戸市に住んでいた金本浩二さん。頭を殴ってしまったそうです。パイルドライバーとか大技じゃなかったのがまだ救いでしょうか。一応嫁さんに怪我がないようで幸いでした。

 

現在の金本浩二

まだ現役です。

元々ジュニアだったこともあり現在はかなり体が萎んでいます。といっても年齢も52歳なので、リングで一定のパフォーマンスできるだけ凄い事ですが。

オールドファンがいるので試合はできていましたが、今回の逮捕は今後のキャリアに影響があるかもしれません。

 

タイガーマスクの系譜

タイガーマスクは現在一応五代目までいます。

初代はご存知佐山悟。全盛期は人間離れした動きをしていました。昔はプロレスにもアスリートとしてレベルの高い人間が集まっていたんですが、佐山聡もその代表例じゃないですかね。

2代目も凄かったですが、タイガーマスクの存在を大きくしたのはやはりこの佐山聡です。

体力測定

全盛期の動きと必殺技

最後はこんなんなっちゃいました。

エンタメプロレス向きの能力だったんですが、本人はガチンコ思考が強くてキャリア晩年は修斗とかに傾倒していきました。この頃の新日本の人間関係はなかなか面白いです。いつか掘り下げて記事にしてみたいです。

二代目は三沢光晴。亡くなってしましたが素晴らしいプロレスラーでした。

三代目がこの度犯罪者になった金本浩二さん。初代、2代目と比べるとかなり格落ちします。資質は悪くないんですが、そもそもレスラーとしての色がタイガーマスクに全く合っていなかった気がします。

四代目は山崎佳宏という佐山聡の直弟子。素顔と本名は公開していません。タイガーマスクでデビューした選手です。

5代目はミノワマン。どの程度まともに活動しているか不明。

 

DVの原因、本当に金本が悪いのか

最初このニュースを聞いたとき、てっきり嫁の浮気を疑って手が出たのかと思いきや全然違いました。

25歳の嫁が、52歳の旦那さんの浮気を疑ったというから驚きです。金本浩二はどんだけモテるんでしょうか。普通だったらお前みたいなおっさんが浮気なんてできるわけないだろって思考になりそうなもんですが、この25歳妻から見たらそんなことはなかったようです。

どっちが悪いかというと当然手を出した金本浩二ですが、嫁が携帯を勝手に見たのがそもそもの発端に思えます。あとはどの程度のパワーで殴ったのか分からないと何とも言えないですね。

ガチンコが強いケンドーカシンに対する手加減した暴力なのか、絶対に歯向かってこない高岩に対する遠慮のない暴力だったのか、この辺は当人同士にしか分からないです。私は絶対に女性に手を挙げませんが、ちょっと頭をはたくぐらいだったら、逮捕という言葉の響きほど悪人であるとは思えないです。

 

金本浩二の性格

元々暴力的な一面があったと言われています。

7分15秒から後輩にキレる金本浩二。

 

青木真也のコメント

日本人では中量級最強(今は違うかもですが)の男青木真也は金本浩二好きだったんですね。プロレスを全否定していた菊田早苗とは対照的です。

 

ファンの反応

プロレスラーは韓国人が多い

前田日明や長州力も韓国系でしたし、昭和のプロレスとプロ野球は韓国人が多いですね。肉体的には日本も韓国も似たようなもんだと思いますが、一旗揚げてやろうというメンタルの強さがあったんでしょうか。この時代の在日韓国人はなかなかパワフルな印象です。

過去のタイガーマスクを見ると、奇数の代目の人がおかしな行動をしているようなので、順番でいくと次はミノワマンの逮捕ですが、彼は普通の性格の人ががんばってキチ〇イを演じている感があるので、多分大丈夫だと思います。

以上金本浩二の逮捕についてでした。




-プロレス, 格闘技

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.