youtuber(ユーチューバー)

韓国人youtuber土下座事件 逮捕案件?日本の飲食店で強要し炎上

投稿日:

韓国人ユーチューバーの方が、日本の飲食店で店長と店員に土下座を要求し、韓国国内では称賛、日本で批判される事態になっています。動画のタイトルは『嫌韓』だそうです。

店内で配信用に動画を撮影。それがうるさかったのか店員経由で他の客からクレームが入ってしまいます。(事前に撮影の許可は得ていたようです)

店員がこの韓国人に注意したところ、「金出してるでしょ?」「名前教えて」と従業員に食って掛かり、店長の電話番号を聞いて関係ないと拒否されると、「関係ないんじゃねえよ」「気分悪いだろ」と徐々にボルテージが上がってき、最終的には店長と従業員二人で膝をついて謝罪することになってしまいました。

日韓関係の縮図ともいえるこの争いは一体どちらが悪いのでしょうか。

 

何が気に食わなかったのか

韓国人Youtuber、日本の飲食店で大声で韓国語を喋りながら配信

客からクレームが入る

日本人店員「すみません。他のお客さんからクレームきてるんで、やめていただいてよろしいですか?お願いします」と注意

韓国人Youtuber、店員の態度が気に食わないとイチャモンとつけ「店長よべ」「謝れ」と騒ぎだす

日本人店員、謝罪拒否

日本人店長、膝をつきながら謝罪 店員も渋々謝罪

韓国人Youtuber、【日本で嫌韓差別された!観光注意!】とYouTubeにアップ

というような流れのようですが、どうも動画を見ていると最初に注意した従業員の態度が気に食わなかったように見受けられます。(もしくは炎上で再生数を稼ぐためのイチャもんだったのかもしれませんが)

ただこの配信者の他の動画を見ると炎上系という感じではなさそうでした。

 

韓国では称賛

この動画は日本人からすると論外の愚行に見えますが、韓国国内では称賛する意見がほとんどのようです。

・客に上から見下すような態度は良くない。最近の日本はモラルが欠如している。私のように体が大きい韓国人を見たら親切になるけどね。

・私も日本に旅行にいったときに韓国語でしゃべっていたら、日本の従業員に冷たくされた。このようにすればよかったんですね。私の代わりに謝罪させて感謝します。

・ただ食事を撮影すると思ったのでは?従業員もあなたみたいに大声で騒ぐとは考えていなかっただろう。

 

土下座強要は逮捕案件

土下座の強要は刑法223条の強要罪にあたり、場合によっては逮捕されることもあるようです。

刑法223条

1、生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。
2、親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3、前2項の罪の未遂は、罰する。

ただし土下座の瞬間が動画に収まっていませんし、仮に従業員と店長が訴えても水掛け論になるかもしれません。

こちらのお店は違いましたが、ここ最近は従業員に土下座を強要して被害届けを出されるケースが増えているようです。

良質なサービスを求めるのであれば、お金を出してそれ相応のお店に行くべきですね。一般的な飲食店やコンビニなどで最低限以上のサービスを求めるのはやはり間違っていると思います。

確かに態度の悪い店員いたらいい気分はしないですが、アルバイトさんの給与など対価を考えるととてもクレームをする気にはなれません。

 

ネットの反応

韓国人の行動の呆れた人もいましたが、なぜあっさりと土下座して謝罪してしまうのか、従業員と店長を嘆く意見が多かったです。

まとめ

この韓国人ユーチューバーは、撮影の許可を取った店員とは別の店員から注意されたことで、自分が騒いでいたから注意されたというよりも、従業員間で連携がとれていないことが原因だと思っている節があります。

女性店員よりは男性店員のほうが注意するのに適しているという店側の事情が仇になってしまったんでしょうか。こういうケースは土下座する必要ないですし、強要は少なくとも日本の法律では犯罪になりますので、するほうもさせる方も気を付けましょう。




-youtuber(ユーチューバー)

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.