芸能人 離婚・不倫

増原裕子への批判 Facebookで勝間和代との別れ報告 LGBT活動家の宿命か

投稿日:

経済評論家の勝間和代さんが、同性同士で交際していたLGBT活動家の増原裕子さんと恋人関係を解消したと自身のブログとツイッターにて報告されました。

勝間和代さんは概ね同情されており、増原裕子さんに対してはLBGT活動家として活動しているのだからコロコロパートナーを変えるのはおかしいという批判が集まっています。勝間和代さんと増原裕子さんのどちらが悪いのでしょうか。

↑ 勝間和代さんの後に増原裕子もフェイスブックで別れを報告しています。

以下引用。

おはようございます。
月曜朝からプライベートなことで恐縮ですが、おつきあいしていた勝間和代さんとお別れしました。

原因は私にあります。
夏の選挙が終わってからしばらくして、私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい、先週勝間さんに別れを切り出しました。

恋愛・パートナーシップにおいて大切な相手を傷つけてしまったということの重さと向き合いながら、この報告の文章を書いています。

昨年勝間さんがカミングアウトをしたときに、温かい記事で支えてくださった、元バズフィード編集長の古田大輔さん、若林直子さんをはじめ、カップルの日々を見守り支えてくださったすべての方、勝間さんを通じて知り合い、さまざまな形で私の活動やお仕事、選挙を応援してくださったすべての方には、本当に感謝しかありません。

そして、添い遂げられなかったことはひとえに私自身の人間としての未熟さゆえのことです。

勝間さんとは、同じ高校・大学出身というつながりがあったことと、共通の友人を介して出会いました。それよりも以前から、勝間さんの本や発信に大きな影響を受けてきました。

おつきあいの中では、

私が活動や仕事でいっぱいいっぱいなときも、体を気づかって、いつもヘルシーで美味しいご飯を作ってくれました。

かわいい猫たちに癒されながら暮らすという、人生で初めての経験もさせてくれました。

ペーパードライバーな私を、ドライブで色々なところに連れていってくれました。

日常的に、知的な刺激やいろいろな考え方を与え教えてくれる人でした。

活動も仕事も選挙も、ほんとうにたくさんたくさん支えてくれました。

大きな愛で包んでくれていました。

勝間さんへの感謝は尽きません。
だからこそ、こういう選択をしてしまったことに対して、本当に申し訳なく思っています。

これからは、別々の人生を歩んでいくことになりますが、
こつこつとお仕事、活動に精進してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

要約すると他に好きな人ができたという良くある話です。

恋人の別れや夫婦の離婚は意見が食い違うことが多いですが、このお二人に関しては「増原裕子の責任」ということで一致しているようです。(増原裕子さんが打算かもしくは優しさで大人の対応をしているだけかもしれませんが。)

増原裕子さんが片思いになっただけなのか、別の方と付き合えそうになってからのパートナー解消劇なのか分からないですが、増原裕子さんは恋多き女性のようなのでこうなるのは必然だったのかもしれません。

 

勝間和代の発言

本当に大好きだったのでしょう、ツイッターでその心情を吐露しています。増原裕子にダメージを与えるための行動とも解釈できますが、多分掛け値なしの本音だと思います。

今回のニュースに関しては「どうでもいい」派と「勝間和代かわいそう。増原裕子氏ネ!」のようなマジに受け取っている派と受け手に温度差があったのですが、お付き合いしていた増原裕子と勝間和代にも温度差があったのかもしれません。

 

増原裕子への批判

移り気な性格はともかくとして、LGBTの権利を主張する人権活動家なんだからそれはおかしいという批判が割と多く集まっていました。

勝間和代への同情

かなり擁護の声が上がっていました。

今は傷ついているかもしれませんが、立ち直った時には今回の件によってより人気が出るキャラクターとなるかもしれません。

 

ネットの反応

残念ながらどうでもいいという反応も多かったです。

増原裕子と勝間和代どっちが悪いのか

恋愛や結婚は傷つく可能性について同意した上で開始するべきだと思っているので、どっちもどっちの様相もありますが、ただこの二人はLGBTの権利を高らかに主張していたわけで、仮にその権利が諸々認められ、結婚し法的に婚姻関係となっていればそうコロコロ恋人のチェンジはできないです。

一般的な夫婦が持つ社会保障を受ける権利を主張するのであれば、代償として存在する縛りの部分も自分に課してこそ説得力のあるLGBT活動です。ということで増原裕子にその責任がやや足りなかったのかなと思います。

ただ増原裕子さんは凄い美人ですね。

LGBTの方の趣向は分かりませんがきっと男子と同じく美人が好きなんですよね。LBGTの界隈じゃモテモテなんじゃないでしょうか。それだけに本気で取り組めば大きなアイコンになれたかもしれませんので、ちょっと残念ですが、それだけ好きな人ができてしまったということでしょうか。以上増原裕子さんと勝間和代さんのパートナー関係解消劇でした。









-芸能人, 離婚・不倫

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.