メジャーリーグ 炎上 野球

【MLB】菊池雄星に松ヤニ使用疑惑 ピネダとカーショウバーランダーの違い

更新日:

マリナーズの菊池雄星投手に、松ヤニを使った不正投球疑惑がかけられてしまいました。過去に同様の問題を起こしたヤンキースピネダ投手は、10試合の出場停止となったため、事実と確認されれば、菊池雄星投手にも同程度の処分が下るかもしれません。

しかしMLBではどうやら暗黙の了解として,当たり前のように各投手が松ヤニを使用している実態があるだけに、今回は一体何が駄目だったのか納得できないファンも多くいるようです。

予想に反して現時点では先発ローテーションとして上々の活躍を見せている菊池雄星。これまで渡米した左の日本人先発投手の中では、かつてないレベルで良い投球をしていると言ってもいいかもしれません。

そんな調子の上がってきた菊池雄星への敵チームのけん制なのか、あるいは露骨に松ヤニを使ったから成績が上がってきたのか分かりませんが、表沙汰になってしまうとMLBコミッショナーとしても見過ごすわけにもいかず、処分されてしまう可能性もあるでしょう。

一応アメリカメディア「12up」公式ツイッターで報じられているということですが、

公式といってもフォロワー数1万人程度のアカウントなので、どの程度の影響力があってどの程度オフィシャルなアカウントなのかは分からないです。

日本人にはわかり難い感覚ですが、「松ヤニ使用」が咎められているわけでなく、「バレバレ」だったところが問題視されているので、相手選手たちや監督も本気で怒っているわけではありません。メジャーリーグはかなり見ている方ですが、暗黙の了解ラインはハッキリ言って良く分からないです。

 

菊池雄星松ヤニ動画

2分過ぎ付近から。確かにちょっと露骨すぎる感はあります。

過去の不正投球ピッチャー

有名なのはヤンキースのピネダ投手です。

これにより10試合出場停止に。但しピネダ投手はこれ以前にも疑惑を向けられていた経緯があったため、合わせ技一本での処分だったのかもしれないです。ピネダ投手は処分されましたが、全く問題視されていない投手も数多くいます。

こちらはドジャースのカーショウ。帽子の後頭部部分が松脂で汚れています。

こちらはアストロズのバーランダー投手のスパイク。これも松ヤニでしょう。カーショウもそうですが二人ともサイヤング投手です。

こちらはレッドソックスにも所属していたレスター。グローブの中に松ヤニエリアがあります。

こちらは田澤純一投手。この方の場合はワセリン疑惑がかけられていました。米メディアなどではその疑惑が報道されていましたが、処分はされていません。

このようにメジャーリーグの投手は、「厳密にいうと不正投球にあたる行為」を当たり前のように行っています。そんな中で菊池雄星だけがやり玉に挙げられるのはちょっと納得がいきませんが、まあもう少し控えめにやれという、MLBの基準としてはアウトだったのかもしれません。

 

関係者らの見解

観客席からファンの菊池の異変に気付いたファンの一人が「帽子をチェックしろ」と叫んだそうですが、実況者にいた方は、

「多くの投手がそうしているし、打者もそんなに気には していない。握りが悪いとボールはどこかへ行ってしまいますから」

「ヤンキースには素晴らしい映像室がある。われわれが知っているということ
は彼らもすでに知っているということ。試合中に審判に確認するように抗議し
ないのは大した問題ではないからです」

と話していたそうです。

ちなみに過去にはヤンキースのスタインブレナーが相手投手が松ヤニを使っていると自軍に電話したところ、当時のピネラ監督から、

「知ってるさ。それを言うならここにいる全員がズルをしていることになるよ」

と返されたようです。対戦していたレッドソックスのファレル監督もピネダに対しては、「もっとうまくやれ」と発言していました。 オルティスなども大した問題ではないと言っています。

 

MLB公式球がおかしい

松ヤニ前提となっているメジャー球がそもそもおかしいですね。

現在は明らかに飛ぶボールを採用していると思われるMLB。こちらはホームラン数など打者に影響のある反発力の比較ですが、MLB球は昔から質が悪く、ミズノ社のNPB球に比べて均一性も低いというのが周知の事実です。

本来ならばNPB球で統一するべき事案ですが、既に現在のMLB球が規格化している状況を覆すのは現実的ではないです。かといってMLB球を日本でも浸透させるのはミズノ的に無理です。渡米する日本人投手は、これら大人の事情のために質の悪い球にアジャストする事に労力を割かれる事態になっています。

松ヤニの使用自体は問題ないので、菊池雄星投手はあとは隠し場所ですね。エリックガニエのように帽子全体を汚くすれば今よりは目立たない気もします。次の菊池投手の挙動に注目しましょう。




-メジャーリーグ, 炎上, 野球

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.