芸能人 不祥事、事件

木村花の自殺理由はtwitterでの誹謗中傷か アンチコメントに批判殺到

更新日:

女子プロレスラーの木村花が亡くなった件で、彼女が自殺したとみられる直前に、出演していた『テラスハウス』絡みで一部視聴者から寄せられていたアンチコメントを嘆くツイートをしていたことが明らかになっています。

自殺はアンチコメントが原因なのでしょうか。

韓国ではネットの誹謗中傷に悩んで自殺する事件が頻発していましたが、ついに日本でも同様のことが起きてしまいました。

以下木村花さんのツイッターでの発言

リストカット画像もアップロードし、Instagramストーリーではさよならと発言、ネットの誹謗中傷に心を痛めていたようです。

 

アンチコメントの数々

↑ 最後のは木村花さんの死後に便乗しているユーチューバー。この手の炎上は流行化しています。

 

アンチコメントへの批判まとめ

プロレス一筋だったけど最近はコロナで仕事もダメになって弱っていたそこに衣装のトラブル。動物が好きないい子だった。

猫を飼っていたよ傷つきやすい繊細な性格だった

それを知ってか知らずか粘着アンチが早く死ね、自殺しろと煽り続けたさらにリストカットして大喜び。亡くなったとわかった途端、垢やコメントを削除して逃げだしたアンチ連中。

芸能人への誹謗中傷問題

まず木村花さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

その上で今回の件を紐解くと、ほとんどのアンチコメントに現行の法律で咎められるような一線を越えたものはありませんでした。テレビに出演するということは、目立って人気者になってお金を稼げる恩恵がある代償として、一定の批判が必ずついてまわります。テレビに自分の意思で出演する方はそこを承知しておく必要があります。

但し木村花さんの自殺が自己責任と言っているわけでもなく、ネットにおけるルール整備がまだ追いついていないのかなと印象も受けます。こういうことが続けば、今のように自由に発言できなくなっていく可能性もあるでしょう。

テラスハウスはご愁傷様ですが、もはやこうなってくると自分達の番組が攻撃的なアンチを生み出す構造になっていることを理解しなくてはいけません(そもそもそれ含めて楽しむ意図もあったような)。一方的に被害者ぶるのではなく、何らかの手を打って欲しいです。










-芸能人, 不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.