不祥事、事件

池袋ホテル殺人事件 北島瑞樹の自殺志願者漁り ツイッター解析し発覚

投稿日:

東京都豊島区池袋にあるラブホテルの一室で、36歳の女性荒木ひろみさんを殺害したとして逮捕された犯人の北島瑞樹が、SNSにて自殺志願者を募っていたことが明らかになりました。

北島瑞樹がツイッターにて被害者女性とやり取りしており、削除されていたものの警察が解析し事実が判明した模様です。

北島瑞樹容疑者は「女性から殺してほしいと頼まれた」と供述し、自殺を手伝う内容のメッセージを送っていたことも明らかになっています。

遺体の発見場所がラブホテルであることや、女性がビニールで括られており布団圧縮袋に入れらていたことから、SMプレイの失敗により殺してしまったという見方が特にネット上で多く見受けられましたが、全くそんなことはありませんでした。

(布団圧縮袋はホテルのベッドを汚さないためか、あるいは遺体を本来外に持ち出す計画だったのかもしれません。)

何れにせよ殺意を持って女性と会ったことは間違いなさそうです。

 

SMプレイで布団圧縮袋を使うのか

今回は見当が外れましたが、SMプレイも加減しないと命に危険が及ぶこともあるようです。

精神的なSMではなく、肉体的なSMの性癖はきちんと手順に沿って実行しないと大変なことになってしまいます。SMプレイをする際はプロのお店にいくか信頼できるパートナーとのみ行うようにしたほうが良さそうです。

 

執行猶予か無期懲役か

殺人事件にはなりますが、自殺のほう助ということになれば執行猶予がつくケースも考えられます。実際に西部邁の自殺をほう助したMX子会社社員などに執行猶予付きの判決が出ています。

但しこれは西部邁氏がかなり周到に計画していたようですし、ほう助した二人も直接的に殺害したわけではありません。北島瑞樹が被害者女性の自殺を助けたなどでなければ、殺人として起訴される可能性が高いはずです。個人的には無期懲役以上を望みます。

 

自殺サイトに気を付けよう

以前自殺サイト殺人事件で前上博なる変態が逮捕されたことがあります(死刑執行済み)。座間殺人事件も白石隆浩が自殺志願者を漁り自分の目的のために利用していました。

自殺を推奨しているわけではないですが、犯罪者に利用されてしまう可能性が高いので、サイトやSNSなどで他人に何かを求めるのは辞めた方が良さそうです。

 

【画像】北島瑞樹と池袋のホテル

北島瑞樹容疑者は大東文化大学の学生だったことが明らかになっています。見た目だけではその暴力性が分からないのが性的嗜好を伴った犯罪の恐ろしいところでしょうか。また池袋のホテルは北口付近のホテル街にあるようです。

 

北島瑞樹のツイッター

現在は削除されています。但しデータは管理企業のサーバー上などに残るので警察は確認できているはずです。

 

ネットの反応

大東文化大学は偉い風評被害を受けてしまいました。自殺するほど追い込まれた人間の弱みに付け込んだ犯人が正しく裁かれるよう願います。









-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.