炎上 漫画・アニメ

「青山剛昌のコナンはゴーストライター」漫画家遊人の暴露で炎上

更新日:

週刊少年サンデーで連載中の「名探偵コナン」(作者・青山剛昌)が、作画もトリックでもゴーストライターに頼り切りで青山剛昌さん本人は全くコナンを描いていないという暴露がありました。暴露したのは漫画家遊人という方です。

20年ぶりに再会した元小学館の編集Xさんによると「名探偵コナン」のコナンを描くゴーストライターは何人もいるという。実は作者がまったく描いていないというのは一般の人は意外と知らないかもしれないですね。トリックも編集者が考えているという。「チャボ」続きです最後まで。 pic.twitter.com/lwjxIc5KAn

— 遊人(漫画家) (@kunimituyuji) 2019年5月8日

※マズいと思ったのか既に該当のツイートは削除済み。

発言の狙いとしては①炎上狙い、②売れている漫画への嫉妬、③漫画家としての信念がそうさせた、④ただ単に口が滑ってしまった、⑤ツイッターアカウント乗っ取られた、の何れかでしょうか。

極論自分にもコナンが描けたはずという主張にも聞こえます。そして思いの外反響が大きくブルって削除してしまった流れのような気がしています。

 

遊人の言い訳、現在の発言

遊人さんは該当の発言を削除したあと、ゴーストライターについてツイッターにて持論を述べ始めておられます。

コナンの話を誤魔化すためなのか、最初からこの話にもっていくつもりだったのか分かりませんが、現在は自身が編集者側にゴーストライターとしての介入を強いられたという話をされています。

ちょうどいま幻冬舎と小説家さんたちが揉めているタイムリーな話題ですし、多分この話にもっていくフリとして名探偵コナンの話を出した感じですかね。但しコナンは小学館合意の上でのゴーストライターという話でしょうから、論点はちょっと変わってしまってます。

スポンサーリンク


ゴーストライターだから何なのか

ゴーストライターとは代筆者のことで、発言をまとめるだけの比較的簡単な仕事から、一から仕上げるもはや作者は名義貸しをしているだけの状態までその形態は幅広いです。

今回遊人さんが暴露したのはかなり後者よりの、コナンファンがあまり聞きたくない情報だったかもしれません。

しかし漫画家はシナリオを考えて漫画を描くだけじゃなく、アシスタントなど人間をうまく使う能力も必要になってくるので、コナンでいえば作者の青山剛昌さんが漫画家としてうまくやっているに過ぎないです。

要はコナンの雛形を作ったのが青山剛昌さんなので、コナンは仮に今彼が描いてなくても青山剛昌先生の作品のはずです。

私の好きな鳥山明さんもそうです。

最近のドラクエシリーズでは彼が直接デザインしていないキャラクターも多いでしょう。しかしそのキャラクターのタッチは、鳥山明が生み出した雛形から生み出されているので、全くの別人が描いていてもそれは鳥山明のイラストとして世に送り出されます。

これは漫画に限らずファッションデザインや近代アートなどほとんどの芸術ジャンルは似たようなもんです。(むしろ漫画は作者が直接手を加えてるほうだと思う)

ですので、コナンがゴーストライターを多用していたからといって特に問題は発生しないはずです。強いて言うならファンがちょっと萎えてしまったぐらいでしょうか。

 

ファンの反応

コナンは人の人生も背負ってる

映画が安定してヒットしているようです。ここまでの人気作品になると作者といえど全てに携わるのはなかなか難しいです。

コナン役の高山みなみさん(作者の元嫁さんと聞いて驚きです)や、長年のアシスタントなどコナンによって利益を得ている人が多くいますし、国民的な漫画なのでゴーストライターを使ってでも連載を続けてくれる方がありがたいんじゃないですかね。

ちなみに遊人さんはヤングサンデーという今は亡き週刊誌で活躍した漫画家さんで画力が高く普通に面白そうな漫画を描いていました。かなりの豪邸も建てている売れっ子だったそうなので、機会があれば読んでみたいと思います。














-炎上, 漫画・アニメ

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.