不祥事、事件

【画像】倉橋早樹を逮捕の事故現場 クラクションは違反?殺人未遂容疑

投稿日:

愛知県一宮市で24歳女子大学生の倉橋早樹が、運転中クラクションを鳴らしたことを注意され腹をたてたのか、会社員男性をはね殺人未遂の疑いで逮捕されました。

倉橋早樹はその場から逃走、現場から約8キロ離れた北名古屋市で警察に発見されるも赤信号を無視し逃走を継続した後に、警察に身柄を確保されています。

こちら事故現場の画像。一宮市中町のマンション「晴新コーポラス」の敷地内で、倉橋早樹容疑者は岡崎市細川町に住んでいるとのことです。車で複数回はねられながら軽傷で済んだ被害者男性は幸運でした。

なお倉橋早樹容疑者は今の所容疑を否認しています。ひと時の感情を抑制できずに人生が劇的に変わってしまうことになりそうです。運転中は人が変わってしまう方も少なくないので気を付けましょう。

 

クラクションは違反?

街中で気の赴くままにクラクションを鳴らしている方がいますが、法律上はクラクションを鳴らして良い時と場所が定められています。

↑ このようにクラクションで違反切符を切られる事例も、恐らくレアだと思いますが少数報告されています。

クラクションに関する規則は道路交通法第54条にて定められており、

「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。」

法令の規定とは以下状況。

・左右の見とおしのきかない交差点

・見とおしのきかない上り坂の頂上で「警笛鳴らせ」の標識がある場所

・山間部や曲がりくねった道路の「警笛鳴らせ」の標識がある区間内で、左右の見とおしのきかない交差点

・見とおしのきかない曲がり角、上り坂の頂上を通過するとき

クラクション標識。鳴らしながら走行を求められる場所もあります。

無暗にクラクションを鳴らすと上記トラック運転手のように罰金を払うことになるかもしれません。

といっても日本は今のところは緩々なので「クラクションで違反切符」よりも「クラクションでトラブル」の方が一般化しています。

 

クラクションでトラブル

倉橋早樹 顔、Facebook、インスタ

今の所は明らかになっていません。大手メディアだけでなく零細サイトなどでも報告されていませんでした。

殺人未遂が認められれば刑期5年以上なので初犯といえど執行猶予はつかない可能性が高いです。倉橋早樹が容疑を否認しているためまだ進展あるかもしれませんが、報道されている通りであれば大きく人生が変わることになりそうです。










-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.