ボクシング 格闘技

協栄ジム休止の理由 金平会長とオーナーの関係 閉鎖の可能性は

更新日:

上は具志堅用高から下は亀田興毅まで数々の世界王者を輩出したボクシングの名門協栄ジムが当面活動を休止することが明らかになりました。※協栄ジムHPではその報道を否定。一方金平会長は休止を主張。ジムの名称を変更し存続する決着となりそうです。

金平桂一郎会長と実質的なオーナーの方向性の違いとのことですが、ジムの閉鎖ではなく休止ということなので、一応今後活動再開の可能性は残されています。とはいえ今のボクシング界で協栄ジムに上がり目があるのか微妙なところではあります。

実質的なオーナーという表現でしたので、金平氏は雇われ会長になっていたのでしょうか。金平氏が雇われ会長でなければ彼の一存で経営を続けることはできたはずです。

協栄ジムは非上場企業ですので、本来はオーナーの一存でどうにでもなるはずで、契約上も共同経営となっていなければ、ジムの経営が厳しくなったことが本当の理由ではとも勘ぐってしまいます。※実質オーナー側はジムをこのまま存続させたい考えのようです。

ちなみに実質的オーナーの名前や顔などは公開されていませんが、いくらボクシングジムといえど反社会的勢力などではありません。(協栄ジムは株式会社なので企業データベースなどで情報は確認できます)

 

ボクシングジムの相次ぐ閉鎖とその理由

2017年には同じく名門のヨネクラボクシングジムがこちらは完全に閉鎖しています。

↑ ヨネクラ会長。協栄ジムと違い健全なマッチメイクでしたが会長が高齢だったための閉鎖。

名門ジムではありましたが、練習生時代の畑山隆則の才能を見抜けなかったり、クレイジーキムの世界戦をなかなか組めなかったりと、手腕的には帝拳ジムに及ばなかった印象です。

今回の協栄ジムと同じく休止しているのが青木ジムです。

青木ジムはパワハラ、金銭トラブルによる休止だそうです。現在安定している大手ボクシングジムは帝拳ジムと大橋ジムぐらいですかね。帝拳ジムは世界にコネがあり、大橋ジムは井上尚弥の存在が大きいです。

ボクシングは世界王者になっても一生安泰というわけではないですし、本格的なジムだと現在は経営が難しいようです。生き残りの道としてフィットネス化がありますので、そのことが方向性の違いかもしれません。

元世界王者の西岡利晃のように、成功しているジムの多くはほとんどフィットネスジムと化しています。

 

ボクシングジムのオーナーとトラブル

ここ最近だとはじめの一歩の作者森川ジョージ先生が出資した「JB SPORTSボクシングジム」の雇われ会長として働いていた元ボクサー高橋ナオト氏のトラブル⇒絶縁も有名です。

↑「JB SPORTSボクシングジム」。

森川ジョージは高橋ナオトのことをかなり尊敬していたため好待遇だったはずですが、高橋ナオトの不義理によってその座を追われたと言われています。

 

協栄ジム 数々の不祥事

名門ジムですが悪評も少なくないジムです。

亀田興毅もかつて所属していました。

彼はグリーンツダジムに所属していましたが、いろんな意味での才能を見抜いた金平会長によって引き抜かれ協栄ジムに移籍。一時期は日本のボクシング界を圧巻しましたが、話題性に実力が伴っていなかったので黒歴史になってしまいました。

鬼塚勝也にも疑惑判定が。島田紳助が現地で観戦していて「負けた。」と帰ろうとしたら判定勝利で驚いたと言っていたことがあります。ただし鬼塚勝也自体はストイックでファンも多かったです。

渡嘉敷勝男の対戦相手に毒入りオレンジジュースを飲ませた事件もありました。(先代会長は認めていませんでしたが、ボクシング協会にはほぼ黒として扱われています)

亀田興毅が最後の打ち上げ花火になってしまうのでしょうか。ネットが普及した今、実力が伴っていないとスターに仕立て上げるのが以前より難しくなりました。

 

先代は金平正紀会長

ドドリアと評されている金平桂一郎さんは息子さんです。

 

世界王者でも引退後は別業界へ

佐藤洋太さんは元世界王者ですが現在は焼肉屋の雇われ店長、星野敬太郎も一時はジムを設立していましたが、現在はボクシングと関係のない仕事をしているようなので、セカンドキャリアに苦労する業界でもあります。(その業界に受け皿がないという意味で)

クレイジーキムのように親がパチンコ経営のお金持ちであれば地元でジム経営できないこともありません。なんとジム開きには高橋克典が来たそうです。

 

ネットの反応まとめ

協栄ジムの歴代世界王者一覧

海老原博幸、西城正三、具志堅用高、上原康恒、渡嘉敷勝男、鬼塚勝也、勇利アルバチャコフ、オルズベック・ナザロフ、佐藤修、亀田興毅、坂田健史、佐藤洋太、亀田和毅という日本のボクシングジムでは最多13人の世界王者を輩出しています。

具志堅用高と勇利アルバチャコフは日本史上でも上位に入るボクサーでした。ただし勇利アルバチャコフは世界王者になっても外車の一台も買えないと恨み節を残しロシアに帰り喧嘩別れのようになっています。(勇利アルバチャコフに関しては協栄ジム側にも投資したとの言い分もあります)

現役では亀田三兄弟のいとこ京之介選手が所属しています。ある意味干されることなく移籍するいい機会でもありますので、何とか好転させて欲しいです。以上協栄ジム休止騒動でした。










-ボクシング, 格闘技

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.