不祥事、事件

無免許教頭の岩倉貞実を逮捕 柏市立柏第三小学校も驚き、30年間の運転

投稿日:

30年間無免許のまま車を運転し通勤していた小学校の教頭、岩倉貞実が逮捕されました。岩倉貞実が勤めていた学校は「柏市立柏第三小学校」で、自宅近くで行われていた検問で免許の提示を求められ無免許が発覚したとのことです。

岩倉貞実は現在52歳ですので、退職まで残り8年ともう少しで無免許がバレずに乗り切るところでした。無免許でも車は購入できるのか、また今回の罪の重さについて考えてみます。

30年前に一度教習所に通おうとしていたものの忙しくて時間がなかったそうです。教師はどれだけ忙しいんでしょうか。少なくとも教員免許よりは簡単に取得できたはずなので百歩譲って本当に忙しかったとしても無理して取っておくべきでしたし、免許がなければ自転車なり電車なりで通勤しなければいけません。

また一部ニュースでは30年間の間に一度も違反や事故がなかったとありますが、一応厳密にいうと無免許という違反を毎日し続けていたことになります。

結婚もしていたようですが、嫁さんは全く気付かなかったようです。自宅に免許更新や自賠責保険の案内などが来ないですが、まあ普通の方は気付かないですかね。旦那さんが郵便物をとる時だってあるでしょう。

 

無免許でも車は購入できる

若干の疑問はありますが無免許でも車は問題なく購入できます。

車検証の名義には使用者だけでなく所有者もあるので、例えば自宅に置いておくなどコレクション目的等で無免許の方でも車を所有できます。(但しローンを組むとその会社が所有者となります)

あとは家族名義で車を購入させて勝手に運転することは物理的には可能です。ただし違反時には名義人も責任を問われるので今回のケースでその事実が報道されてない所を見ると、教頭名義だったのかもしれません。

 

【画像】岩倉貞実と柏市立柏第三小学校

教頭や校長の仕事

岩倉貞実は忙しいといっていた教頭の仕事ですが、本当に忙しいのでしょうか。個人的には担任や教科担当や校長先生はともかく教頭先生は暇なイメージがあります。

以下学校教育法で定められた教頭の仕事

○教頭:校長(副校長を置く小学校にあっては校長及び副校長)を助け、校務を整理し、及び必要に応じ児童の教育をつかさどる(学校教育法第37条第7項等)。

○副校長を置くときは教頭を置かないことができる(学校教育法第37条第3項等)

実際の仕事内容は以下

(全国公立中学校教頭会調べより)

PTAとの連携や苦情対応、あとは先生不足のときに教鞭を振るったりとフレキシブルなお仕事があるようです。幅広い職務内容なので学校によって忙しさはかなりピンキリであるかもしれません。

生徒と触れ合う時間は少ないんですかね。私も担任や教科の先生は何人も記憶にいます教頭は全く覚えていません。

 

ネットの反応

 

無免許運転の罪の重さ 教頭に実刑は?

一度も見つかっていないので当然初犯でしょう。実刑はさすがにあり得ません。

うっかり失効を過ぎてしまった場合でも当然無免許運転と見なされ、通常は30万円程度の罰金刑と、あとは免許取得禁止期間を定められ罪を償うことになります。今回は悪質ですが事故はしていないので、今回の岩倉貞実教頭も同じ程度の刑事罰となるんじゃないでしょうか。









-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.