体操 オリンピック 社会

宮川紗江が高須クリニック所属へ 高須克弥は金を出すだけ?コーチや練習環境は

投稿日:

まだ決着のついていない体操協会のパワハラ問題ですが、告発した張本人の宮川紗江選手が、かねてから彼女に支援を表明していた高須クリニックと正式にスポンサー契約を結んだ事が明らかになりました。

賛否ある医院長高須克弥さんのマネーパワー慈善活動によって、今日も一人の日本人が救われる事になりました。

パワハラ問題は一旦置いておくとして、有力選手の宮川紗江が孤立して練習できなくなる状況が避けられた事は素晴らしい事ではないでしょうか。

(速見佑斗コーチはビンタ暴力動画の流出とあとは協会から無期限登録抹消の処分が下されたので契約には至りませんでした。)

 

高須克弥の発言

宮川紗江とのスポンサー契約を結びツイッターで発言

がんばって支援されてください。

塚原千恵子と宮川紗江の争いに結論が出る前から、一方的な解釈で突っ走る高須医院長の姿勢は賛否あるかもしれませんが、有言実行ぶりは一定の支持を集めることでしょう。

 

金を出すだけ?

お金を出す事は素晴らしい事ですが、練習場所や体操選手同士の技術交流の場を提供したりコーチを探したりは、通常所属企業の仕事でもあるので、こうった裏方の仕事もある程度高須クリニックが負担してくれるといいですね。(全部とは言いませんが)

お金を出してくれるのはいい事ですが、お金だけで宮川紗江の練習環境の問題が万事解決するわけではないです。スポンサーなのでお金を出すだけでも問題ないんですが、身内と表現しているのでやれることはやって欲しいです。

例えばジャパネットたかたの高田社長はJリーグV・ファーレンのスポンサーになってお金を出すだけでなく、経営の再建を行い長期的な視点でチームの環境を改善していました。チームの環境改善はしいては日本のサッカー業界の活性化にも繋がるはずです。

要は地道な活動ができるのかって事です。

頑張っている人を応援するのが習性らしい高須医院長には、体操業界の事まで考えた計画がある事を期待しています。

 

ネットの反応

高須医院長に拍手喝采といった感じでしが。2割程が宮川選手に対するネガティブな意見。

 

まとめ

物凄く大切なことなんですが、まだ宮川紗江サイドと塚原千恵子、塚原光男サイドのどちらが悪いのか判断は下されていない状況です。

(宮川紗江に対する具体的な問題提起はありませんが、塚原千恵子への告発が認められなければ、’悪者’と言われても仕方ありません。塚原千恵子はパワハラと認定されれば当然業界から追放されるでしょう。)

テレビメディアは騒ぐだけ騒いでケツは拭かないのでそこは恐ろしいですね。まずは第三者委員会の判断を待とうと思います。














-体操, オリンピック, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.