芸能人 政治・経済

三浦瑠麗のレイプ告白は本当か 自伝で性的被害告白 犯人は知り合い?

投稿日:

国際政治学者の三浦瑠麗さんが14歳の頃に受けたレイプ被害を自伝にて告白し話題になっています。

真実の話なのか証拠はありませんが、三浦瑠偉さんから自発的に告白したわけではなく、編集者サイドから女性嫌悪からくる批判をどう克服したのか書いて欲しいという要望があって、今回のレイプ被害告白へと至ったようです。

ネットでは三浦瑠偉の告白対して「勇気ある行動」「レイプや女性軽視する男はいなくなって欲しい」「信じられない」と様々な反響がありました。

以下三浦瑠偉さんの性被害告白一部抜粋。

14歳、中学3年生のとき、小説を読みながら帰宅していた三浦さんは、後ろから寄ってきたバンに乗っていた男たちに声をかけられた。

《あとはあまり覚えていない。覚えているのは痛みと、死ぬのだろうな、という非常にリアルな感覚だけだ。私の頸に手をかけたそのうちの一人ののっぺりとした眼つきが醜くて気持ち悪く、せめてもっと楽な死に方をさせてもらいたかった。少なくとも一人は知っている顔だったと思う。

殺風景な新幹線の高架下で、ほらよ、と放り出されて、私はバッグとスカーフを胸に抱えて家までよろよろと歩いた。自分がどんなにぼろぼろでも、いつも通りの田舎の風景は微塵も私の心に寄り添ってはくれなかった。

きちんと閉まった正面の門を避けて庭の戸口から入り、母が茅ヶ崎の庭から持ってきて植えたあんずの木の下で、隠れるように外水栓の水で顔と手を洗った。制服を脱ぎ捨てたのち、手負いの狼のように私は炬燵の中で唸った。下腹部の痛みが尋常ではなかった。手でさわると血がついた。

かなり覚悟を決めて読まないと相当重い内容になっているようです。

ただ実際に購入した方の評価は高く私もそのうち読んでみる予定です。政治的な見解と違いレイプ被害そのものについては意見が分かれることはないでしょう。事実であれば許されることではありません。

またしばらく母親に話さなかった理由は、台無しになってしまってと言われる事が怖かったからだそうです。14歳の少女がそんなことをされたら思い悩むのは当然でしょう。犯人の中には知った顔もいたようですが様々な事情で訴えることができませんでした。

そして世の性被害を受けた女性達に少しでも勇気を与えられればという思いもあったようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010003-bfj-soci&p=1




ネットの反応 信じない人がいるのは必然

多様な反応がありました。

本来は読者ではなく警察に訴えるべき事件ですし、出版にあたって印税と売名というメリットもあるので怪しいという意見も少数派ですがありました。私は彼女の話を信じていますが、状況的にそういった対照的な反応があるのは仕方がないと思います。

まずは彼女に対して好意的な意見から紹介します。

三浦瑠璃を疑う意見

本を出版した以上賛否ある意見があるのは仕方がないです。

警察だけでなく産婦人科にも行っていないとのことで、三浦瑠偉さんにも当時のことを証明する手段はありません。(但し母親には最終的に相談されています)

 

三浦瑠偉さんをイジれなくなる

ワイドナショーなんかでは松本人志さんや東野幸治さんから、その色気を誇張してイジられてS風お姉さんとしてキャラクターを確立していましたが、今回のレイプ被害告白で一連のやり取りを笑えなくなってしまう方も出てきそうです。

裁判などと違って自伝の出版ですので、彼女に証拠を求めるのもお角違いのような気もしますが、国際政治学者という立場上アンチの多い方なので仕方ないんですかね。政治的な発言は割と怪しい時もありますが、強く賢い女性なので女性の代表になれるキャラクターだと思います。

自伝の内容についてですが、真実かどうかはさておき、被害者女性がどうすればいいのか、気の持ちようや親への相談の後押しなど存在価値のある書籍なのかなと思います。

三浦瑠麗の性的暴行被害告白














-芸能人, 政治・経済

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.