バドミントン

桃田賢斗が世界選手権優勝!東京五輪へ向けて盤石の強さ

投稿日:

裏カジノ騒動で無期限の謹慎処分を受けていた桃田賢斗選手が、バドミントン世界選手権で見事優勝を果たしました。日本人の男子では史上初の快挙です。

賭博行為があったから今があるという意見がありますが、個人的にはただただもったいなかったとしか思わないです。東京オリンピックでは金メダル筆頭候補ですが、そう簡単に勝たせてはもらえないので、貴重なオリンピック出場機会を1回分失った事は本当に大きいです。

違法行為は勿論許された行為ではないですが、直接的に人を傷つけてはいないので、あれはバドミントン協会がもっとうまく処理するべきでした。

日本国としては、結果彼が五輪に出場できなくて損をしているので、そういう時にうまく立ち回って世論をコントロールするのも協会の仕事だと思います。

まあ田児選手が行き過ぎた賭博をしていたので、そういう意味でも巻き沿いを食らった感じですかね。確かに田児は永久追放案件だったので、桃田だけ軽すぎる処分だと釣り合いがとれないので協会も相当悩んだと思います。

何れにせよ今はもう十分更生しているので、厳しいガヤの方にも温かく見守って欲しいです。

 

ファンの反応

スポンサーリンク



世界ランキング

以下現在のバドミントン世界ランキング。

1 デンマーク ビクター・アクセルセン

2 マレーシア リー・チョンウェイ

3 中国 石宇奇

4 韓国 孫完虎

5 台湾 周天成

6 インド スリカンス・キダムビ

7 日本 桃田賢斗

8 中国 諶龍

9 中国 林丹

10 香港 伍家朗

世界選手権前の時点でのランキングなので、優勝した桃田選手のランクは更に上がるはずです。

9位のリンダンは北京とロンドンで金メダルをとった選手で、2位のリー・チョンウェイは3大会連続で銀メダルをとっている悲運のシルバーコレクターです。

どの選手も強いので東京オリンピックではライバルとなって桃田選手の前に立ちはだかる事でしょう。

 

カジノ法案

皮肉な事に日本ではじきに合法的にカジノで賭博行為をすることができるようになります。

合法化の後は勿論桃田選手もカジノに参加できますので、同じ賭博なのにそれでいいのかと思う方もいるかもしれませんが、そこには「法律を破るか否か」という違いと、あとは裏カジノは胴元が反社会的組織だったという問題がありました。

とりあえず立派に更生しているように見えます。内心どうか分かりませんが、社会人なんて建前でどう振舞うかこそ全てなので、いまだに叩いている人はさすがにしつこすぎると感じてしまいます。

東京オリンピック期待しています。










-バドミントン

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.