ボクシング 格闘技

村田諒太がブラントから逃げゴロフキンorカネロと対戦へ【ボクシング】

投稿日:

ボクシングWBAミドル級世界王者の、村田諒太選手が次のブラントとの指名試合を回避する方向で動いています。ボクシングファンに色々言われてますが、「逃げた」という事は間違いありません。

本来行うべき使命試合だったわけですから、村田選手の事情で試合を回避するのであればそれは逃げです。

ただ亀田選手や井岡選手が弱いボクサーと戦うために逃げたのと違い、村田選手はより強い選手と戦うため「戦術的な撤退」なので、私はかなり好意的に解釈しています。

 

メリット皆無

今このタイミングで地味な強豪であるロブ・ブラントと戦ったところで、メリット皆無でリスクしかない試合になってしまいます。

対戦相手探しが難航しているのであれば戦うべきですが、村田選手の場合既に一定のキャリアを築いており、対戦相手もゴロフキンやサウル・アルバレスとの試合が一応現実味を帯びているので、今回の対戦回避は必然かなと思います。

それに村田選手の試合は一つのプロジェクトになっているので、ジャンプで鳥山明が自分の意思で連載終了できなかったのと同じで、出資しているフジテレビや電通の介入も考えると、一部のボクシングマニアをその場限りで満足させるためだけのブラント戦を実現させる道理はありません。

WBAのベルト無しでゴロフキンらとビッグマッチを組めるのか、そこは疑問ですが、村田陣営の言い分を今は信じるしかありません。

 

WBAと本田会長

村田がエンダムと戦ったときもそうですが、やはり帝拳ジムの本田会長はWBAから舐められている節がありますね。今回も話が違うと揉めているようです。

話が違うというのは、本田会長としては戦うなら日本でという認識だったと思うんですが、ブラントが興行権を落札してしまい、戦うならアメリカでやる事になってしまう事についてでしょうか。

 

ベルトはく奪

指名試合なので、強引に回避すればベルトをはく奪される事になります。しかし今の時代ベルトは一流選手にとってオマケみたいなもんですし、本田会長も村田も、はく奪の可能性も受け入れているようです。

ボクシングはもはやベルトのはく奪が脅しにならなくなってきましたね。目先の利益に釣られてベルトや階級を乱立させてきたツケかなという気がします。

 

戦うなら絶対ゴロフキンが良い

カネロはまだ若いですし、ネームバリューもゴロフキンには劣るので、村田選手としては、下り坂のゴロフキンのほうが望ましいでしょうね。

まあ下り坂といっても元が強すぎるので、勝算が薄いことには違いないですけど、試合内容次第では負けても評価を上げる事はできます。間違って勝ってしまえばレジェンドの仲間入りです。

村田選手が世界最強とは思わないですが、マッチメイク次第で世界最強だと思わせることはできますし、ボクシングはそういう搦め手に近い駆け引きの戦いでもあるので、やるのであれば上手いタイミングで戦ってほしいです。

個人的にはゴロフキン相手でも5~10%ぐらいは勝てると思います。

 

ボクシングファンは辛辣

やはり割と厳しめの意見が多かったです。最強なら戦えばいいじゃないかという意見は真っ当なんですけど、勝負事に絶対はないので、意味のないリスクを背負う必要はないのかなと私は思ってます。

 

まずは次戦

ジェイソン・クイグリーが予定されていますが、恐らく確実に勝てそうな相手を選ぶんだと思います。年齢的に一度負けて仕切り直す猶予はないので、ボクシングファンの反感は買うかもしれませんが、今の所私は応援しています。ゴロフキンとの試合の実現よろしくお願いします。














-ボクシング, 格闘技

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.