不祥事、事件

【動画】名古屋市北区西味鋺で殺人事件 犯人逃走、被害者2人死亡者も

更新日:

6月24日の夜中に名古屋市北区西味鋺1丁目の路上で、刃物を持った男に二人が刺される事件が発生しました。犯人は現場から逃走、先日も警察と検察から小林誠容疑者が逃亡し数日後に確保されていましたが、再び危険な逃亡犯に警戒する必要が出てきました。

※西味鋺の犯人も確保されました。以下事故直後の現場付近の動画、殺人事件が減っている統計は嘘説を紹介します。

被害者二人の男性が意識不明の重体とのことですですが、最新情報ではお一人の死亡が確認されました。殺人未遂から殺人罪に切り替え警察が追っているはずです。名古屋といえばつい1か月前にヤクザがヤクザを刃物で殺害していましたので、治安に不安を抱く声もありました。

現場付近の住民は

「外から鈍い音がして、自室の外に出て確認したところ、男性2人が大声を出しながらもみあい、別の男性1人が地面に倒れていた」

と喧嘩であるような言い争いを耳にしたそうです。

やっているとは思いますが名古屋県警には最速で逮捕してほしいところです。

 

【動画】殺害事件の現場

 

※グロくはありません。

犯人の特徴と事故現場付近の地図

名古屋市北区西味鋺(にしあじま)1丁目で発生しました。

名古屋高速楠ジャンクションから南東へ800メートル、味鋺駅から西に2kmほどのところだそうです。

目撃者による犯人の特徴

「犯人らしき人物は、ひょろっとした感じで背が高く、慌てる様子もなく南の方向へ徒歩で逃げたようだった」

細身で背が高い男とのこと。

南にいったとのことですが、先日逃走した小林誠も東名で西に行ったという情報と関係のない潜伏場所にいたので、そこまでアテにはできないかもしれません。

 

ネットの反応

殺人事件は減ってる統計は嘘説

ネットの情強さんには知られた事実ですが、殺人事件や凶悪事件は一応年々減っているという統計があります。しかしここ最近目立つ事件が多いことから、それらの統計の信憑性を疑う声も出てきました。

数字を見せつけられると、確かに納得してしまいます。私も犯罪情勢の推移を警察白書で確認してきました。以下すべて警察白書情報です。

殺人や凶悪事件は確かに昭和と比べると激減しています。(平成中盤から若干増えているのが気になりますが、この後また減少傾向にあるようです)

しかし次のグラフを見ていただきましょう。

路上での強盗事件は増えているようです。原因は複数あると思いますが、日本人の生活様式の変化も一因である気がします。

例えば深夜のスーパーマーケットでの強盗が激増しています。これはまあかつては深夜営業の店が少なかったことが大きいはずですが、事件を誘発しやすい夜間帯に出歩く人間が多くなり、それが外での殺傷、殺害事件に繋がっていると考えることができるかもしれません。

高齢者の運転する車の暴走交通事故と、今回の外での刃物殺傷事件は悪い意味いでのトレンド化しつつあるので、何とか食い止めて頂きたいところです。




-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.