体操 オリンピック 社会

宮川紗江へのパワハラ擁護は全員日体大! 朝日生命との派閥争いが明らかに

更新日:

女子体操の宮川紗江選手が日本体操協会の塚原千恵子さんをパワハラだと告発した件で、色々と状況が明らかになってきました。

世間的には宮川紗江に同情的な声が多く、私も現状宮川紗江を全面的に支持していますが、少し引っかかる点もいくつかありましたので、それらのことについて。

 

日体大と朝日生命の派閥争い

女子レスリングのパワハラ騒動と、ほとんど同じ構図だと思います。

今回便乗して塚原千恵子と塚原光男に問題提起発言を行った元選手らの森末慎二、田中理恵、鶴見虹子、田中理恵、そして速見佑斗、具志堅幸司副会長、何と全員日体大OBです。

もうね、これは完全に派閥闘争です。(元々体操は日体大が多いですが、冨田洋之などは順天堂大学ですし、その限りではないです。)

 

塚原夫妻の退任は必至

まあ塚原夫妻も日体大卒業ですし、鶴見虹子は朝日生命体操クラブにいた過去はあるのですが、朝日生命と日体大の関係性を考えると現在は距離を置いているのでしょう。

伊調馨と違って、宮川紗江はその辺の大人の争いを認識していない気がしますし、具志堅幸司ら反塚原派閥に利用されている感があります。

責任問題としての悪さというより、イメージが悪すぎて塚原夫妻の退任は必至だと思いますが、だからといって後釜に日本大学一派が座ってしまうのも相当不安になってきました。

 

宮川紗江の印象

会見

この会見の後にも、テレビに生出演するなど、かなり表に出てきています。私は現段階では宮川紗江を支持していますが、多分テレビにはもう出ないほうがいいです。

出たから悪いというより世間的な印象が悪くなってしまいますし、コーチの暴力に関してはかなり都合の良い言葉を並べていたので、出れば出る程世間の支持は落ちて行ってしまう気がします。

暴力問題は個人が容認しても、次の世代などに引き継がれていく危険性があるので、体操界全体の事を考えると許すわけにはいかないです。(そうはいっても失職ではなく休職が妥当かなとは思いましたけど)

あと彼女の母親もやたら主張が強かったですが、あれも世間にいい印象は与えない気がします。

 

池谷幸雄と森末慎二

森末慎二と池谷幸雄ですが、とにかく塚原千恵子が嫌いなんだなという事は物凄く伝わってきました。

暴力問題に関してはともに歯切れが悪かったですし、池谷幸雄に至ってはテレビに出演して、号泣しながら塚原千恵子がどれだけ悪いかと熱弁していたらしいんですが、泣くほど体操界の事を憂慮していたのであれば、もっと早く何かできたはずです。

そして自分も愛弟子の村上茉愛にも引き抜きの話があったと語っていましたが、これは未遂でしたし、そもそも引き抜きは別に悪い行為ではないです。

 

引き抜き=悪ではない

池谷幸雄が塚原千恵子による愛弟子の引き抜き工作を実体験として語っていましたが、引き抜きは最低限のルールを守っていれば業界を活性化させる面もあります。

練習環境が良くなるのであれば、選手にとってプラスになる事もありますし、サッカーではまかり通っていますので、朝日生命が過去に起こした採点操作は問答無用で非難されるべき行為ですが、引き抜きに関しては色々不確定です。

引き抜くためにコーチを解雇というのは問題ですが、実際に暴力行為の事実はあったようなので、提案と強制的な勧誘とどっちだったのか明らかにならないとこれは分からないです。

 

塚原夫妻の失脚は避けられない理由

今回はどちらかというと反塚原派の胡散臭い点を色々述べていきました。それでも塚原夫妻はほぼ確実に現在の職を失うはずです。

その理由ですが、現状全く塚原夫妻に対する擁護の声が、体操界の中から聞こえてこないからです。全く人望がないんですね。

様子を見ていたと思われる体操協会からも梯子を外された感がありますし、あとは朝日生命がどの程度守ってくれるのか分かりませんが、こうなってくると有力選手の引き入れも難しいでしょうし、体操協会におけるパワーバランスは変わっていくはずです。

 

具志堅幸司は胡散臭い

「18歳の女の子がウソをつくわけない」という発言でやたら称賛されてますが、この方も相当怪しい感じがしますけどね。

私は宮川選手を信じていますが、18歳の女の子でもウソはつきますし、そもそもこの人体操協会の副会長ですから、突然被害者の味方ですみたいなスタンスで来られても全く共感することはできないです。

今までは黙認だったのか、あるいは気付かなかったのか分かりませんが、どっちにしろ責任は少なからずあるはずなので、世間の風向きを見てうまく便乗しているだけにしか思えないですし、強き者に立ち向かう姿ではないように思います。

 

時系列まとめ

アメフトや女子レスリングのパワハラ問題の顛末を見た塚原千恵子が、朝日生命への勧誘を思いつく

速見コーチ排除(但し暴力行為は事実)

朝日生命へ勧誘

宮川紗江ブチ切れで会見

具志堅幸司がここぞとばかりに塚原排除へ動き始める

現在に至る。

そして世界体操を放送するTBSは朝日生命寄り、その他のメディアは世間を味方にしている宮川紗江寄り、という状況です。

暴力行為に関しては高確率で大昔から横行していたはずです。ボクシングの山根会長問題と違って、勧善懲悪の図式ではないので、誰もが納得するような決着にはならないでしょうね。

ただ東京オリンピックが近いので、膿を出し切って健全で強い組織作りをお願いしたいところです。














-体操, オリンピック, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.