UFC、総合格闘技 格闘技

RIZIN終了へカウントダウン 視聴率6%でフジテレビ撤退準備

投稿日:

先日のRIZIN11ですが、全体の視聴率は6%でした。

勝負に打って出たメインイベントの浅倉カンナとRENAの試合も9.6%で、何れも一桁視聴率。RIZINにとっては相当厳しい状況で、恐らくフジテレビと榊原社長は、イベントを畳むことも視野に入れているはずです。

一番盛り上がっていたのは五味の試合でしょうか。歓声はありがたいですが、五味が壊れてしまわないか怖い気持ちの方が私は大きいです。

今年の年末もRIZINをやるんでしょうけど、このままでは厳しい結果になると思います。

 

RIZINの歴代視聴率

2015年からイベントを開始している格闘技イベントRIZINですが、これまでの視聴率は以下

15/12/29火 *6.3% 21:00-23:13
15/12/31木 *5.5% 19:00-23:45(19:00-5.0% 20:45-7.3% 22:30-3.7%)
16/09/25日 *7.1% 19:04-21:54(19:04-6.2% 20:44-8.5%)
16/12/31土 *5.8% 18:00-23:45(18:00-5.6% 19:00-7.1% 21:00-5.7% 22:50-3.6%)
17/04/16日 *5.4% 19:00-20:54
17/07/30日 *6.3% 19:00-20:54
17/12/31土 *5.7% 18:00-23:45(18:30-4.8% 19:30-6.4% 21:30-6.2% 22:50-4.3%)
18/05/13日 *6.1% 19:57-21:54
18/07/29日 *6.0% 19:57-21:54

榊原会長が言っていたように、2016年9月に行われた、山本美憂対レーナの試合では8.5%と悪くない数字だったんですが、そこからは伸びるどころか尻すぼみになっているのが現状です。

特に今回の試合は絶対王者RENAの崖っぷちリベンジマッチで、十分ストーリーは作っていたはずなんですが、全く結果に結びつきませんでした。一体なぜこれほどまでにRIZINの視聴率は伸びないのでしょうか。

 

RIZINの視聴率が悪い理由

まず1つ、裏番組が強すぎです。

 

イッテQ

裏番組にイッテQというお化け番組があって、余程の優良コンテンツで勝負しないと惨敗してしまいます。

女性が体を張ると言う意味では同じベースではあるんですが、イッテQはイモトの挑戦が成功しても感動、失敗しても感動というどっちに転んでも台本として成立するのが最大の強みでしょうね。

と、イッテQを一度も見たことが無い私が語ってみました。(全く違う内容だったらごめんなさい。)

 

UFCの存在

結局UFCが強いんだろっていう周知の事実があるので、格闘技ファンは微妙に冷めた目でみています。

Jリーグやプロ野球みたいに、海外よりレベルが低くても身近な選手を心から応援すればいいじゃないかと思うんですが、これは興行サイドにも問題はあるでしょうね。

中期までのK1などは最低限の競技性がありましたが、規模が大きくなるにつれて特定選手の優遇や、曙などの色物路線に走って、コアな格闘技ファンは興ざめしていきました。

その後できた戦極やDREAMもあっという間に去っていきましたし、酷い失恋をして恋愛恐怖症になっている中年のごとく、今の日本の格闘技ファンの心は閉ざされています

 

イベントの方向性

資本力で勝負にならないので、RIZINはUFCとは違う路線を模索しなくてはいけません。

その答えが女子格闘技と、ロートル路線です。

ただ女子格闘技は、RENAが負けてストーリーが作りにくくなってしまいましたし、ロートル路線は他のスポーツと違って命に関わるので心の底から楽しむ事はできないです。

ゴルフやサッカーだとシニアリーグは楽しそうですが、個人的には格闘技でそれはやめるべきだと思ってます。

例えば昨日の五味選手、大好きな選手ですし武士道でやってた全盛期は間違いなく世界最強の一角にいたと思いますが、今は危なっかしくて見てられないです。ちょっとこの辺は後日詳しく触れる予定です。

 

スター不在

RIZINのエースは那須川天心と堀口恭二です。

堀口恭二は、RIZINで唯一世界のトップランカーと勝った負けたの勝負ができる一流の選手ですが、如何せん相手がいません。堀口が自分で選んだ道なので仕方ないですが、完全に堀口の無駄使いになっています。

あとは那須川天心。キックボクシングは天才だと思いますが、総合だと強い相手と戦っていないので未知数です。(RIZINは総合格闘技のイベント)

どちらもアスリートとして素晴らしい能力があるんですが、ゴールデンタイムのイベントで神輿に乗せる程の求心力があるのかと言われると、今の所は難しいんでしょうね。

イベントであるが故の酷な宿命ですが、世間に届かない選手は本当の意味でトップにはなれません。(ただこれから化ける可能性は十分あると思ってます。)

女子では中井りんという面白い選手もいるんですが、昨日は欠場となったのも痛かったですね。

 

どうすれば視聴率を取れるのか

伊調馨とか浜口京子とかを引っ張って来るとか、あとは女子プロレスで犯罪スレスレのシュートマッチをやらかした世志琥(よしこ)を呼ぶとか、最後の手段ですが内柴正人を召喚するとか、知名度か話題性をもった選手を呼ばないと、視聴率は頭打ちでしょうね。

それをやって長期的にストーリーを作れるかというと分かりませんが、今は既に末期状態なので、後遺症があると分っていても強い薬を飲まないといけない所まで来ていると思います。

通常のテレビ番組との予算の比較ができないので、それほど多くは求められていないかもしれませんが、さすがに視聴率6%は厳しいと思うので、何とか上向いていって欲しいです。














-UFC、総合格闘技, 格闘技

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.