芸能人 炎上

りゅうちぇるタトゥー発言で再び炎上 日本人は不寛容である

投稿日:

ファッションオネエキャラを受け入れた日本は十分寛容なのでは?と思ってしまうのでしょうが、りゅうちぇるさんは日本は不寛容だと感じているようです。

つい先日タトゥーを受け入れろという旨の発言をインスタで行い炎上したタレントのりゅうちぇるさんが、再びタトゥーを連想させるような発言で再び炎上です。

ちなみに前回の発言はこちら

 

View this post on Instagram

 

いろんな意見を、ありがとうございます。 言いたいこと、きちんと書くね!! まず、今まで応援してくれていた方が、冷たいコメントだけを残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当ならおどろきです。 それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました。 こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。 優しい言葉を投げかけてくれる人が好きと言うわけではなく、本当に僕のことを応援してくれている方と、そうでない方のコメント、言葉の違いくらい僕にも分かります。 結婚して、子供がいつかできたら、 家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。 その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました。 ぼくたちは、日本の温泉や、プールには行かないとおもいます。 その理由は名前を刻んだということとは関係ありません。 ぼくたちは、子供の顔を出していないので 子供の写真を盗撮されると困るし、子供がびっくりしたり、怖くなってしまうことが、あるかもしれないので、大勢の人が集まる場所には なかなか行かないと思います。 でも、そんな僕たちのお家を選んで生まれてきてくれたんだから、僕たちだからこそしてあげられることもたくさんあるし、僕の身勝手な行動で 大切な子供の楽しい思い出作り、人生を邪魔することは絶対しません。 そして僕のお父さんも、僕が生まれたとき 背中に 龍 (ドラゴンの絵) を入れました。僕は一度も嫌な思いをしたことがないし 嬉しかったです。 不自由をしたこともないし、ママからも パパからも たくさんの愛をもらい、育ててくれました。 だから、僕自身、偏見もなにもありませんでした。それも大きいかもしれません。 この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように。 そして最後に!!! 僕も色々こうしてSNSで発信することが怖いときもあります。またどんな風に どんな見出しで ネットニュースにされてしまうのか 怖いです。だけど何かにおびえて何もせずに生きててもこの社会は変わりません。世の中への思いや、変えていきたいことを どんどん発言、発信していかないと何も変わらないんです。だから、今回も勇気を振り絞りました。共感してくれる方がもしいれば、自分らしく、そして社会を変えようという強い気持ちで一緒に明日も頑張ろうね。こんなに長分なのにここまで読んでくれて、どうもありがとうございました 😭✨

Prince Ryuchellさん(@ryuzi33world929)がシェアした投稿 -

インスタでタトゥーを入れた腕を晒した画像を投稿し、それに対して批判の声が多く集まったため彼なりの信念と意見で、「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、ボクは変えていきたい」などと反論して炎上したという流れでした。

 

個性(タトゥー)を許せ発言

「渋谷ダイバーシティエバンジェリスト」に任命され、東京・青山学院大学で行われた任命式に出席し、上京し原宿の街が寛容だったというりゅうちぇるさんは、

「原宿以外の街でも個性が許されたらいいな」

と発言されたそうです。具体的にタトゥーというワードを出したわけではありませんが、りゅうちぇるが何と言おうと一連の流れから世間はタトゥーを頭に浮かべるでしょう。

個性たっぷりに歌うりゅうちぇるさん。こんな服飾の個性なら皆さん大歓迎でしょう。

原宿は若者の街として最先端ファッションの発信地にもなっていたので、確かにタトゥーや外国文化等に対して偏見の目は少ない印象があります。ただ彼のいう「許す」が具体的に何を指しているのがイマイチ見えてきません

(変な視線を送るのをやめて欲しいのか、温泉や銭湯に入りたいのか、具体的な目標が分からないので、本当に社会を変えたいのであればそこは触れておくべきかなと思います)

個人的にはタトゥーに対する偏見を変えるという大きな話ではなく、実はインスタの最初のタトゥー画像が思いのほか否定されてしまい、その事を根に持っていたとだけという割とどうでもいい動機のような気もしています。

 

タトゥーの自由

りゅうちぇるさんの言うようにタトゥーを入れるのは自由です。

そしてそれに対して民間の銭湯や温泉等の施設がタトゥー禁止にするのも自由で、更にそれに対してタトゥー団体等が異議申し立てをするのも、反対派がタトゥーに対してクレームを入れるのも自由でしょう。

国や市が経営するジムやプールなどの施設は、個人の自由という範疇ではないですが、タトゥーによるC型肝炎などの感染リスクを考えると解放される日はないのかなと思います。

外国は確かにファッション感覚でタトゥーを入れてますが、日本ではヤクザなど反社会的勢力の象徴でもあるので、タトゥーに対して偏見を持たれるのは仕方ないですね。不可避な身体的特徴ではないので偏見を持つのも自由です。

(外国でも一部地域ではマフィア御用達ですし、富裕層はそれほどタトゥーを入れない事実もあります。)

りゅうちぇるが批判されたインスタも、インスタのシステムとして不特定多数からのコメントを許可しているので、ここに批判的なコメントをするのもやはり自由です。

(批判的なコメントを残すのは暇だなぁとは思いますが、ちょっとした遊びなのかもしれません。)

結局自分の都合のいい範囲で自由や権利を主張しているのが根本的な問題点なのかなと思います。

 

ネットの意見

批判的な意見が多いのかなと思いきや、著名人ほどりゅうちぇるさんを擁護するような意見が多かったです。

作家の平野啓一郎さんはりゅうちぇるさんを擁護

2ch元管理人のひろゆきさんも

『日本人は他人のすることにケチをつけがち」

と発言。

しかし全体としてはやはり批判的な意見が目立ちました。

週刊文春は病気のリスクがあると警鐘。私もりゅうちぇるさんには賛同しかねます。

 

日本とタトゥー

ファッション感覚で入れる方が増えてきたので、私の知り合いにも多数タトゥーや刺青を入れた方はいます。

彼らに偏見はないですが、それは知り合いだからであって、知らないタトゥーマンがいたら偏見というか警戒はしますよね。銭湯にいれば絶対にお湯がかからないようにしますし、ラーメン屋にいればスープが飛ばないように気を遣うと思います。(いや勿論ヘタレが横に座っても同じように気を遣うべきです)

多分それが普通の感覚で、周りにストレスを与える行為であることは自覚して欲しいです。そしてストレスだけならまだいいのですが、低確率とはいえ特定の病気で直接的な負担も生み出しているので、タトゥーを入れるのであれば、それらの事も承知して生活して欲しいものです。














-芸能人, 炎上

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.