不祥事、事件 社会

相模原駅員コロナ JR東日本の隠蔽メールのリーク情報 感染爆発

更新日:

コロナウイルスに感染したJR東日本社員の駅員が相模原駅に勤務していたと、神奈川県相模原市が発表しました。発表されたのは2月24日ですが、事実が発覚したのは21日で、ネット上には発表より1日早く情報がリークされていました。

駅員さんということで感染爆発が懸念されますが、日本政府のコロナウイルス対策ぶりを定点観測していた身としては、安倍首相と厚生労働省の愚策ぶりで日本のパンデミックは時間の問題だと諦めていたので、今更駅員が感染したからといって大局に違いは出ないと考えています。

新型肺炎の症状として16日までに発熱などがあったようです。相当数多くの方が接触しているでしょう。大勢の接触者は家族などに濃厚接触し、今現在は1万人以上の感染者がいても驚かないです。韓国で感染者が激増していることを笑っている方を散見しますが、日本は検査数が少ないだけで潜在的な感染者数は恐らく韓国以上だと思います。

 

前日にリーク

JR東日本から社員あてのメールなどがリークされていました。

隠蔽とも言われていましたが、発表まで準備していたのかもしれませんし真相は分かりません。リークされた次の日に発表ということで勘繰られる状況ではあります。

 

無人駅もチラホラ

蒲田駅の西口など駅員が不在になる状況も出てきています。

今尚満員電車で通勤している方が多くいます。家族や会社の事情があるのは分かりますが、個人的には生活の基盤を失うリスクを超えたデンジャラスな状況だと考えています。

1月23日の武漢封鎖直後から記事やリアルで同様のことを言い続けてきましたが、徐々にバカにされる度合いが減ってきたのは覚悟はしていましたが恐怖を感じています。

 

百田尚樹と高須院長は正しい

ことコロナに関しては、主張がほぼ一致しています。

高須院長もワイドナショーでもう遅いと半分匙を投げていました。

彼らも私も何割かの日本国民も、制約があるにしても超法規的措置をとって自分の立場より日本という国と日本国民を守って欲しいと願っていましたが、残念ながら安倍首相並びに政治家連中はその器ではなかったです。自分が一番かわいい人間が政治家になったらおしまいです。

 

ネットの反応

中国からの入国禁止は今後も予定無しのようです。










-不祥事、事件, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.