芸能人 不祥事、事件 お笑い芸人

詐欺集団ツイッターに宮迫博之田村亮ザブングル登場 吉本闇営業事件

投稿日:

オレオレ詐欺集団の忘年会に闇営業で出席したとして、仲介したカラテカ入江慎也が吉本興業に解雇され、宮迫博之と田村亮らが厳重注意を受けた件で、2014年当時にツイッターで既にその様子を紹介しているアカウントが発見されました。

↑ こちらが2014年時点で忘年会の様子を紹介している方のツイッターアカウント。詐欺集団は2015年6月16日に逮捕、この方の更新も6月16日を最後に止まっていますので、完全に一致してしまっています。(確定ではありませんが、状況的に詐欺集団の一人のアカウントでは?とネットで炎上中)

報道があった時は名前がありませんでしたが、ザブングル似の誰かもいるようです。ザブングルはフライデーにその他売れない芸人にカテゴライズされてしまったのか、あるいは大手ナベプロへの忖度なのでしょうか。

その他レイザーラモンHGやガリットチュウの福島善成などが出席していたようですが、知名度的に、やはり冠番組を持つ宮迫博之と田村亮が批判の矢面に立たされています。

 

吉本興業は関知していない?

吉本興業やその他芸人の言い分を信じるのであれば、入江慎也がその広い人脈を使って個人で闇営業を行い、たまたまその相手が詐欺集団グループで、尚且つギャラも宮迫博之や田村亮には発生していないということになります。

しかし大物の先輩芸人が後輩入江慎也の頼みにノーギャラで応じるのか、合点のいかない方は非常に多いようです。飲み会に同席だけならまだしも、歌ったりしゃべったりのパフォーマンスもしているようですし、入江慎也の慕われぶりが世間の理解を超えてしまっています。

ただし詐欺集団は、芸人一人当たり100万円程度のギャラを払ったと言っているという情報もあるので、それも事実であれば、入江慎也は先輩らのギャラも懐に入れた物凄い極悪人だったという事になってしまいます。

公私ともに忙しいであろう年末にノーギャラで、その辺の深夜番組より本域で歌ってましたし、吉本興業はトカゲの尻尾切りで入江慎也を切ったんじゃないかという意見が多くありました。

とはいえまあ証拠は何もないので、吉本興業の言う通り、偶然が重なり悪夢の忘年会となってしまっただけかもしれません。

 

ネットの反応

吉本興業の主張はおかしいという意見が多かったです。

現時点で考えられるパターン

・入江慎也どころか吉本興業が忘年会へ芸人の派遣を斡旋していた

・入江慎也の独断。ギャラも独り占めして宮迫博之と田村亮らは受け取っていない。

・入江慎也が仲介はしたが、出席芸人はギャラを受け取っている。上層部の話し合いにより入江慎也はトカゲの尻尾切りで犠牲になった。

現状証拠は何もないですが、入江慎也と芸人達の今後の付き合い方である程度はハッキリしそうです。ギャラをちょろまかしていたら絶縁されるでしょうし、トカゲの尻尾切りであれば付き合いは続くはずです。

吉本興業は健全な企業になりたい

反社会勢力と事前に知らなかったにせよ、該当のツイッターアカウントの方のお写真等から分かる通り、恐らくはカタギ離れした風貌の方が多くいたでしょうから宮迫博之らも忘年会中に「これはアカン」とは気付いていた可能性は高そうです。もしかするとそれでギャラの受け取りを拒否したのかもしれません。

危険な香りを感じた時点で帰るべきですが、さすがにそれは酷な話しですかね。しかししばらく批判は続くでしょう。

吉本はとにかく健全性をアピールしたいのは伝わりますので、個人的には何も関与していなかったと思っていますが、定期的に所属芸人達が不祥事を起こすので、社会を脱線した人間である芸人を多く抱えるとこうなるのは必然のような気がします。今後吉本興業はどうなってしまうのでしょうか。














-芸能人, 不祥事、事件, お笑い芸人

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.