炎上 政治・経済

桜を見る会 キャバクラ嬢の愛沢えみりと小川えり招待 インスタ画像

投稿日:

曖昧な招待基準によって野党のやり玉にあがっている「桜を見る会」ですが、何人かのキャバクラ嬢も招待客として参列したことが明らかになっています。※来年は開催中止となりました。

キャバクラ嬢参列の是非、ネットの反応など紹介します。

インスタグラムへの投稿で明らかになりました。

現在は削除済みですが、有名キャバクラ嬢愛沢えみりさんがその一人です。(Fourty Five 45という新宿のキャバクラに勤務)。安倍首相の写真を加工してそれも批判されていましたが、皇族ならともかく首相ならギリギリオッケーだと思います。まして彼女は招待された大事なお客様です。

安倍首相については、「嬉しかった。写真撮ってもらった。すごく優しかった」とコメントしほめちぎっていました。桜を見る会によって水商売層からの支持率も上がるかもしれません。

菅官房長官もキャバクラ嬢とツーショット。

表情が硬いので嫌がっていたか照れていたか、こりゃまずいんじゃねえかと乗り気ではなかったのかもしれません。これは芸能人が反社会的勢力の人物から写真を頼まれて断れないのと同じ構図で、招待された客人からの要望をそう簡単に断れない事情もあったかもしれないです。

 

キャバクラ嬢を小川えりさんも招待

2018年度の桜を見る会には別のキャバクラ嬢も参加しています。

こちらは小川えりさん。名古屋のキャバクラ「アールズカフェ」に勤務しています。まさか交通費も出たのでしょうか。

桜を見る会に招待すれば抱けるやろ、ぐらいに考えた政治家がいるのかなと思ったのですが、国会議員との面識が全くなかったとのこと。それだけに招待された当初は「なぜ私が?」「寝耳に水」だったそうです。

招待状を送る基準がかなり不透明です。もしかしたら議員より下のレベルの行政の人間などに多少の権限があるのかもしれません。

 

メルカリでの転売

招待状やグッズがメルカリで転売されていました。

桜を見る会2020年度は無事開催されるのでしょうか。※来年は開催中止です。

 

ネットの反応まとめ

キャバクラ嬢だからと職業差別するなという意見も一定数ありました。主催し招待した与党側もこの反論ができないこともないですが、そもそも面識が不透明という問題点もあります。

皇族とキャバクラ遊び

天皇陛下と天皇制を圧倒的に支持していることをお伝えした上で、ちょっとした持論を述べます。桜を見る会には皇族や元皇族の方々も招待されています。

皇族の方は日頃キャバクラ遊びなどできるわけもなく、それはちょっと同情すべき境遇です(キャバクラなんて行かなくても平気な男性は多いですが、その選択肢がないことも)

そう考えると今回のキャバクラ嬢や芸能人の招待というのは、政治家連中はさておき、皇族の方はもしかすると楽しんでくれているのかもしれません。だとしたら多少目を瞑りたいところですが、2019年度桜を見る会は膨れ上がった予算や旅行会社との癒着疑惑など問題点が増えすぎてしまいました。この追及を与党はうまく処理することができるでしょうか。









-炎上, 政治・経済

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.