芸能人 アイドル

指原莉乃の起用に反対!ギャラは税金?JKビジネスとは。AV出演強要へ啓発

投稿日:

HKT48の指原莉乃さんがAV出演強要などに政府が注意喚起するためのイメージキャラクターに選ばれました。ネットでは、NGT48山口真帆への暴力事件を発端として、枕営業疑惑に揺れるAKBグループを象徴するタレントの起用という皮肉めいた状況に、プチお祭り騒ぎになっていました。

彼女が枕営業をしているとは言わないですが、清廉潔白というイメージはないので、確かにこの起用にはいささか首をかしげてしまいます。

こちらは令和が発表された直後の指原莉乃さん。いつの間にか顔面が洗練されています。何でも白石麻衣さんの顔に憧れていているうちに近づくことに成功したそうです。芸能人は頭の中で理想の顔を思い浮かべているとその顔面に近づく才能に長けた人が多いです。

ただこんな美人になった彼女ですけども、元々もそして今もルックスが売りというわけではないですよね。松本人志も認めているほどのバラエティで機転が利く女性なので今の地位を築くことができました。

 

片山さつきのコメント

指原莉乃の起用にあたっては、

「若い方から見て、よい相談相手のお姉さん的なイメージがある」

とおっしゃっていました。

確かのこのイメージはあると思います。つまりは様々なハラスメントから遠いところにいるタレントというよりも、良き相談相手としてのイメージキャラクターということですね。

指原さんと言えば過去にファンとの交際報道があったこともあります。

「その人とお友達だったことは本当です」

AKB48の指原莉乃が、15日深夜のラジオ番組で自身のスキャンダルについて謝罪した。「週刊文春」(文藝春秋)で、指原と3~4年前に肉体関係にあったというAKB48ファンの男性の告白記事が写真やメールとともに掲載されたことで、総合プロデューサーの秋元康氏は翌日からのHKT48移籍という厳命を下す事態にまで発展した。

記事によると男性は、熱心な指原ファンだったことからSNSサイトを通じて指原からメールが来るようになり、恋愛関係に発展。指原の自宅でのデートでは、彼女のほうから「もっとこっち来なよ」などと迫られ、押し倒してキスしたことや、「お互い経験もないしエッチまで4ヶ月かかりました」(記事より)と初体験告白までしている。2009年秋、別れを告げた際に「エッチだってしたのにふざけんなよ!」と返ってきた指原のメールも公開。

“指ヲタ”と呼ばれる指原ファンが嫉妬するのは無理もない内容だが、その反撃がエスカレート。元カレ男性と親しくしているAKB48ファンによると「携帯電話に“殺してやる”と脅迫電話が入ったり、指原さんのピンナップを高々と掲げながら自宅前に立つ不審な男が現れたそうです。生活に支障があるので、彼はいま別の場所に避難中」だという。

http://news.livedoor.com/article/detail/6667760

これはAV出演などとは違うので違法などでは断じてないですが、アイドルとしてクリーンとは言い切れない指原莉乃のこの啓発行為は説得力に欠けるのでは?という意見が相次いでいました。

尚正式には、「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」として4月からウェブ動画やポスター、新聞広告などで世間にお披露目していく予定です。期待しましょう。

 

ネットの反応は・・・

意味不明な起用。しかも政府の仕事だから税金でギャラ出るんだぜ

国もグルだったのかよ‥もう山口真帆は泣き寝入りするしかないな

秋元康と安倍ラインだな

ほぼ10割近くがネガティブな意見でした。

 

仲には指原莉乃擁護も

一連の騒動で一定の評価は得ていたようです。

核心は避けていたので、個人的にはガス抜き行為かなと感じましたが、言われてみれば確かに一アイドルが表向きとはいえ所属する運営会社を批判するのは異例かもしれません。

あとは個人的にこちらのPVは衣装がカッコいいと感じてしまいました。

曲も機会があれば今度聞いてみようかと思います。

 

芸能界にAV出演強要はあるのか

ただの知り合いに何人かアイドルの卵やモデルがいるのですが、彼女たち曰く確かに枕営業は自分を売り出すための一つの選択肢になる、こともあるらしいです。ただ強制的な話は少なくとも私は聞かないので、個人的には巷で言われているような極端なことはごく一部だと思ってます。

あと今回の政府の啓発は枕営業に対してじゃないんですよね。「AV出演強要」と「JKビジネス」に対してのものなので、AKBとNGTが現在直面している問題とはややずれているので、それほど騒ぐような起用じゃない気もしてしまいます。

JKビジネスとは

JKビジネスとはガールズバーや撮影会で女子高生を想起させるような制服やスクール水着の着用を禁止するというものです。先日愛知県がこのJKビジネス規制条例を掲げたのは良いのですが、愛知県のアイドルSKE48などはその条例の対象外となるなど、よくわからない事態にもなっています。

県の担当者は、

「アイドルについては条例案をつくるときに議論になった」

「社会通念上、アイドルのコスチュームが性的好奇心をそそる、とまではいえず、握手会も性的な接触には当たらない」

「ファンがアイドルを抱きしめるイベントとか、エスカレートした『おさわり』は規制対象になるだろう」

と握手会にまで先手をうってありました。(抱きしめるイベントが駄目なだけで握手はオッケーなんでしょう)

こちらの愛知県の対応とJKビジネスについては、https://www.sankei.com/west/news/150422/wst1504220007-n1.htmlにて記事になっておりました。

以上指原莉乃のAV出演強要ダメよキャンペーンガール起用騒動でした。














-芸能人, アイドル

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.