炎上 社会

整形外科医インスタで炎上 整形女子アスリートは誰?高梨沙羅は違います

更新日:

福岡県にある有名美容整形外科「ビスポーククリニック」の室孝明院長のインスタが炎上を誘発しています。

整形手術をしたであろうとあるアスリートからお土産を貰ったことを紹介していたのですが、誰が整形を受けたのか特定できそうなヒントも散りばめられていたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

患者さんから頂きましたお土産は大好物、仙台銘菓の #萩の月 ^_^ありがとうございます😊 とある競技のワールドカップで見事3位に輝いた、有言実行の鏡のような方でした^_^ 世界3位って、、、すごすぎます。 ダウンタイムは楽ではありませんが、良い結果になったと思いますので、乗り切ってくださいね! #美容整形 #美容外科 #ビスポーククリニック #室先生 #鼻整形 #小鼻縮小 #鼻中隔延長 #ヒアルロン酸 #目立たない鼻 #忘れ鼻 #福岡 #表参道 #室 孝明 #美容好きな人と繋がりたい #美容好きさんと繋がりたい ##aesthetic surgery #cosmetic surgery #rhino plasty #bespoke clinic #Dr.Muro #リップリフト #上口唇短縮 #人中短縮

ビスポーククリニック 美容外科・形成外科(@muro_takaaki)がシェアした投稿 -

室孝明先生イケメン。※現在は削除済。インスタでの発言は以下。

とある競技のワールドカップで見事3位に輝いた、有言実行の鏡のような方でした^_^ 世界3位って、、、すごすぎます。

ダウンタイムは楽ではありませんが、良い結果になったと思いますので、乗り切ってくださいね!

ダウンタイムとは整形後の腫れやむくみが治まる回復期間のことです。

仙台の名物「萩の月」、ワールドカップ3位というヒントからネットでは特定大会が繰り広げられていました。

 

ビスポーククリニックの室先生は名医

その界隈では評判上々でした。

つまり全国から患者さんが集まっても不思議ではないので、福岡や九州を拠点としているとは限らないです。お金と時間の都合さえつけば、利便性ではなく腕で先生を選ぶ方がほとんどでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

第1回美容セミナー「キレイの近道」のもう1つの大きな特典は、私の患者様でもある #椿そら さん @sora.osora.tv とのトークショーでした。 そしてさすがの一言、至近距離で傷跡を見たり整形話に盛り上がりましたね^_^ 私も負けないようにがんばりました笑笑 この場を借りて、スペシャルゲストの椿そら様、司会の #天野亜希子 さんをはじめとするエージェンシーの皆様、協賛の #メトラス 様(Y様、S様、H様 深謝)、ポスター作成ならびに設営の皆様、会場担当の方、そして仲間たちに、、、心より深く深く感謝致します。 当日のうちに38箇所の反省点を書き出しました。次回があるのであれば、ぜったいに今回以上のものにしたいと思います。 内容の一部はHPでもアップします^_^今日はゆっくり寝ます #美容整形 #美容外科 #ビスポーククリニック #室先生 #鼻整形 #小鼻縮小 #鼻中隔延長 #ヒアルロン酸 #目立たない鼻 #忘れ鼻 #福岡 #表参道 #室 孝明 #美容好きな人と繋がりたい #美容好きさんと繋がりたい

ビスポーククリニック 美容外科・形成外科(@muro_takaaki)がシェアした投稿 -

セミナーでも大勢の人が集まる有名な先生のようです。キャバクラ嬢の椿そらさんは整形をオープンにしてるんですかね。

ちなみにこの方は新宿歌舞伎町のキャバクラ「ジェントルマンズクラブ」に在籍。私の患者さんとのことですが、やはり腕が良いので全国からより美しくなるために女性が集まってきているようです。

 

整形した女性アスリートは誰?特定可能なのか

室孝明院長の表現から現役選手とは限らず、元選手の過去の実績とも解釈できます。

ワールドカップ3位という表現は、特定防止のためぼかしているのでなければ、それ以上のグレードの世界大会、例えばオリンピック銅メダル以上の実績はない可能性がとても高いです。

但しスポーツに詳しくなければ、ワールドカップを世界選手権など別の大会と混同してしまうことはあり得ます。団体競技か個人競技かもこの文章からは分からないですね。

さすがお医者さん、絶妙に特定できないような表現になっています。といっても結婚していたりある程度年を取った女性が美容整形の外科手術(予後といっているので恐らくがっつり外科手術)とはちょっと考えられないので、それなりに若い女性である可能性が高そうです。

 

ヒント

「萩の月」をお土産に持ってくるということは仙台出身か、仙台を拠点にして活動しているアスリートでしょうか。

あとはワールドカップ3位が最高実績ということになれば、サッカーやバレーなど団体競技の多くは候補から外れます。

ネットでは柔道、フィギュアスケート、ボルダリング、クライミングなどの競技ではないかと言われていましたが、今テーブルにある情報から特定するのは難しいと思います。

 

高梨沙羅は違うと思う

整形が既成事実化していますが、この選手はワールドカップ金メダルの実績がありますし、つい最近の大会では4位でした。

この選手のビフォーアフターは化粧の守備範囲内だと思います。

 

森秋彩選手も違います

2019年のワールドカップで3位になっていたことから森秋彩選手の画像が掲示板にアップされていましたが、この選手まだ15歳です。

年齢的にさすがにあり得ないです。

 

フェンシング女子団体?

2019年のワールドカップでフェンシング女子が団体で銅メダルを獲得していました。辻すみれさん、東晟良さん、狩野愛巳さん、 東莉央さんの4人ですが狩野愛巳さんが仙台市出身だったので、5ちゃんねるでは狩野愛巳ではないかと言っている方もいました。

何の証拠もありませんが、これは室先生が悪いですかね。イニシャルトークの類はこの手のとばっちりを受ける方が出てしまいます。

↑ 狩野愛巳さんは自身のインスタで否定しています。

 

守秘義務違反

十中八九女性だと思いますが、男性じゃないとは言い切れないので、ちょっと特定は不可能ですね。仙台出身のアスリート一覧を見たのですが、あまりに数が多すぎました。

しかもよくよく考えたら、囲碁や数学やダーツ、フィットネスなどにも世界大会があるので、ワールドカップの定義を緩くすると、候補を絞ることすら無理です。

ということで今回の室先生の投稿は炎上はしていますが、守秘義務違反にはあたらないでしょう。ただ患者からの信頼は少なからず失ってしまいそうなんですが、腕があればその辺は問題ないのでしょうか。

室先生のインスタはコメントできない設定になっているので、掲示板での炎上にまだ気付いていないとすれば、後々削除されるかもしれません。どうなるのでしょうか。※やはり後日削除されました。










-炎上, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.