不祥事、事件

【画像】平塚市切断遺体 犯人は旦那の平聖也 殺害の動機、神奈川県の犯罪率

更新日:

神奈川県平塚市の海岸で、両足を切断された女性の死体が見つかった事件で男性が自首し逮捕されました。犯人の名前は平聖也(たいらせいや)、被害者女性の旦那で職業は会社員ということが報道されました。

犯行の動機や神奈川県の治安に対するネットの反応等紹介します。

平聖也は妻、楓吹(ふぶき)さんを殺害し、両足を切断しスーツケースに入れて平塚市高浜台の海岸まで運び、遺体を遺棄した疑いが持たれています。

平聖也は「首を絞めて殺し、遺体を平塚の海に捨てた」と犯行を認め、犯行の動機については、「上から目線が嫌で殺した」と警察に供述していることが明らかになっています。切断の理由は運びやすくするためだそうです。両足だけの切断は途中で諦めたのかもしれません。

日頃からのストレスが爆発してしまったんでしょうか。何れにせよ殺害、切断は許されることではありませんので、厳しい刑罰に課されるでしょう。

 

死体の遺棄場所 平塚市高浜台

もうすぐ海開きですが心理的に今年はちょっと‥と敬遠する方も出てくるかもしれません。

 

平聖也

神奈川県川崎市の会社員です。顔画像はまだ報道されていません。分かりましたら追記します。

殺したものの、罪悪感に耐え切れず出頭したそうです。一応良心の呵責はあったのでしょうか。日頃の感情の蓄積だとは思いますが、一瞬の何かきっかけがあったのかもしれません。

「上から目線」と聞くとバカバカしく思えますが、夫婦間にしか分からないことがあり本人の中では許しがたい状況ではあったのでしょう。とはいえこんな絶対にバレるような殺人を犯してしまう男性に対しては、上から目線になってしまうのも無理もないようにも思ってしまいます。

結婚した当初は愛し合っていたはずなんですが無念です。

ネットの反応

犯行動機がおかしい事件の例

2008年にロバート・リヨンズという男性が、母親にアヴリルラヴィーンのチケットを頼んでいたのに無視され殺害した事件や、日本でもバーベキューの煙と騒音に腹を立て、近くに住む無職の男野村航史が刃物で殺害した事件もありました。

つい先日あった名古屋市北区西味鋺で二人が殺害された事件でも、飼っていた猫か防犯センサーをきっかけとしたトラブルがあったとみられています。今回の事件もそうですが、殺人事件の多くは殺害以外の手段で解決できる些細なことが動機に思えてしまいます。

 

神奈川県の犯罪率は高くない

凶悪事件が多いイメージが私もありましたが、データ上はそれほど多くありませんでした。以下各都道府県の犯罪率ランキングです。絶対数ではありませんので人口も考慮しています。

1大阪府
2 愛知県
3 福岡県
4 京都府
5 兵庫県
6 埼玉県
7 東京都
8 千葉県
9 茨城県
10 和歌山
11 三重県
12 岐阜県
13 岡山県
14 栃木県
15 高知県
16 群馬県
17 愛媛県
18 奈良県
19 宮城県
20 香川県
21 静岡県
22 神奈川県

全国で22位です。あくまで警察に事件として認知されないとカウントされないので、神奈川県警があまりに無能であれば、実情はもっと危険かもしれませんが、恐らくどこの県も警察の仕事ぶりはそこまでは変わらないはずです。

ということで恐ろしい事件ですが、必要以上に神奈川県に対し治安の悪いとネガティブなイメージを持つこともない気もします。以上平塚市の女性切断遺体遺棄事件でした。




-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.