芸能人 お笑い芸人 離婚・不倫

【画像】立川志らく嫁の酒井莉加に不倫報道 弟子ピンチ

更新日:

落語家でワイドショーのコメンテーターとしても活躍している立川志らくさんの嫁さんに、弟子との不倫報道がありました。週刊文春によると2度目の不倫とのことですが、立川志らくさんはどうリアクションされるのでしょうか。

記事によると立川志らくさんが地方公演で不在の自宅で共に過ごしたり、時には車中でキスや更なる行為に及んだと報じられています。完全な濃厚接触ですがコロナ感染は怖くなかったんでしょうか。

嫁さんである酒井莉加(りか)さんのコメントは以下。

(不倫相手とされる)弟子さんとの関係について

「劇団員で用心棒。ひとりでいると危ないんで、いつも弟子を一人つけている」

舞台上演後に車内でキスなどしていたことについて

「もしかして、私が酔っ払って無理やりやったのかもしれませんが、覚えてないです」

立川志らくさんもコメントされています。

「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」

離婚もする予定無しとのこと。普段ワイドショーで時事ネタに首を突っ込んでいるので、避けて通れないのが辛いところですが、ご本人が良いなら特に問題はないのかもしれません。

ちなみに登場人物の年齢は、立川志らくさんが56歳、酒井莉加さんが38歳、不倫相手と報じられているお弟子さんが25歳。若いパートナーを求めるのは男性だけではないのでしょうか。

 

【画像】嫁は酒井莉加さん

元アイドルというだけあって美人な方で、現在も舞台に出演するなどしているようです。インスタグラムやツイッターもやられています。

↑ 右側の女性が酒井莉加さん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020年 あけましておめでとう御座います。 周りの方々に支えられて無事新年を迎える事が出来ました。 そしてそして20年ぶりに中学生からの親友にようやく会えました。 時間は限られてましたがお互い過去と何も変わらず、その20年を埋めるかのように沢山の話が出来て本当に嬉しい大晦日でした。 嬉しいじゃないな、最高でした。 私の初めて出来た中学生の親友。 小学生の頃は親友は居なかった。 中学生時代、人間失格というイジメのドラマが流行り、女子校なので特にあったのかなぁ? その頃のイジメも壮絶でした。 私は彼女が学年で頭が良く、ピアノが上手でしかもとても家が近く、憧れの存在で。 家に泊まらせてもらった時のお母さんの料理の美味さに衝撃を受けたくらい。 その彼女をイジメるから。と電話が仲良かった、、、いや?良く考えるとイジメやるからなんか言う奴とは私は上部の付き合いだったんだろう。 家族にそれを言うと、お前イジメやる奴なんかただ群れている奴だから、代表をどうにかしろ! と。 どうにかしました!w 結果停学処分と親に学校が伝えた時に、親も負けてなくて、ハイハイ停学にしてください。その代わりイジメた奴全員停学処分にしないと許さへんからな! とw 彼女は今、神戸ではもう頭の良いというか有名な大学の先生をやっていて、やっぱり今でも尊敬する部分があるなぁと、話してて本当に共感出来る部分があった。 中学生の頃とおんなじ。 たまたま30日にえ?明日空いてたら会えるかな! と酔った勢いで電話して再開できて本当に良かった。 これからは、年に一度は織姫と彦星の様に会える存在で居たいと思いました。 彼女が親友でいてくれるのを誇りに思えた年末でした! なつき!! また夏休み会おな!! ほんまありがとう! なつきにとって皆様にとって、健康で素敵な年になります様に!! 最後にいうで! イジメをしてる人はいつか必ず人に嫌われたり嫌な事が起こる時が絶対来ると思ってます! イジメやだなぁ、でもこの人の言う事を聞かないと私、僕もいじめられる! と言う方! すぐ辞めましょう。 後で後悔してしまうからね! では来年も生き抜きましょう、よろしくお願い致します!

酒井莉加(@sakairika26)がシェアした投稿 -

↑ 酒井莉加さんのインスタ。こちらでは自身の顔画像を投稿されています。

当然不倫報道については触れていませんが、つい最近にも立川志らくさんの画像を投稿したりと、夫婦関係が破綻しているようには見えませんでした。

 

その頃立川志らくは…

現段階では不倫についてノータッチです。ツイッターではかなり煽られていました。煽り耐性の低そうな立川志らくさんが「グッとラック!」のために我慢しているとしたら大したものです。※「グッとラック!」内で「妻と不貞関係が掲載されました。私は妻のことを信じております。離婚も1億%ない」と発言。

他にも

「私の妻を、かけがいのない妻を世間の目から守る、命がけで守る、それだけでございます」

「ウチのカミさんは18歳年下でファンキー女将といわれていて、お酒飲むとわけが分からなくなっちゃう。だからこれ以上、酒飲むなと、弟子にも愛情かけすぎるなと、弟子にも子供みたいなもんだから、いい加減にしろと小言言いました。とにかく夫婦はいろいろありますから。」

と器の大きさを見せていました。

ツイッターではコロナ問題でのレスバトルや、安倍首相への批判を展開されている最中です。(といっても立川志らくさんの政治思想は保守派です)

弟弟子の暴言というのは恐らく立川雲水さんのことです。立川雲水さんは以下のような香ばしいツイートを連発していました。

落語と違い政治への思想は正反対のようです。

今の所は元気いっぱいに長文のツイートを連発していたのでいつも通りといった感じです。それにしてもお弟子さんは師匠の嫁に手を出すとはこの世界で生きていかないわけで、事実であればもはや落語家としてのやる気を失っていたような気がします。

 

立川志らくの不倫感

つい最近東出昌大さんが不倫した際、

「唐田えりかさんを世間は袋叩きにしている。非難されて当然ではあるが彼女を袋叩きにしてよいのは杏さんだけ」

「こうなったら開き直るしかないです。芸の肥やしだということで。しょうがないでしょう」

等とコメントされていました。不倫は夫婦間の問題という考えで、これに関しては私も共感していました。あとはされた方の親も羽交い絞めにする程度だったら袋叩きに参加していい気がします。

普段偉そうなキャラクターなので、不倫されるとイメージ的に辛いものがありますが、それこそ開き直るしかないかもしれません。

 

ネットの反応まとめ

若い嫁や旦那を貰うリスク 女性の不倫適齢期

女性が1番不倫や浮気をする年代は40代、次に30代だそうです。女性がやや発情しているその時期に自分が60歳ではちょっとしんどいです。余程体力に自信がない限りは、年齢差12程度の留めておくのがベターかなと思います。

ルックスや経済力、あるいは運など何かしらで秀でていれば、若いパートナーをゲットできますが、相手に捨てられては元も子もないです。色々と割り切れば可能性は広がりますが、基本的に男性はそんなに強くありません。

今回の不倫報道が仮に事実だったとすると、時折彼ら夫婦のSNSに登場している子供がまだ小さいので、いくら本人同士が割り切っているといってもそこはちょっと心配です。週刊文春によると1度目の不倫相手となったお弟子さんは破門となったとのことですが、今回はどうなるのでしょうか。










-芸能人, お笑い芸人, 離婚・不倫

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.