不祥事、事件

【画像】大阪府吹田市の交番で警官が刺され拳銃奪われる 犯人の標的はG20か

更新日:

本日早朝に、大阪府吹田市の交番で警察官が刺され拳銃を奪われるという事件が発生しました。刺された警官が倒れているところを別の警察官が発見し病院に搬送、死亡していないものの重傷とのことです。

警察官の宿命なのか、拳銃をみすみす奪われてしまったことへの批判も少なくありませんでした。犯人は逃走中で、拳銃には弾も入っている状態(5発入っているとのこと)だったため、周辺の住民は警戒する必要がありそうです。※犯人が逮捕されました。

3人の警官が常駐していたようですが、犯人が事前に虚偽の空き巣通報をして駐在警官を減らしてからの襲撃という計画的な犯行と報道がありました。

犯人の顔画像 既に逮捕

以下犯人の特徴。

男は1メートル70~1メートル80。30歳くらいで、深緑色のジャンパーを着用

犯人は尼崎在住の男性らしく、既に逮捕されたという情報も出回っています。※父親から「息子に似ている」との通報もあり東京住まいという情報も。品川区に住む飯森裕次郎容疑者と断定されました。

各報道機関がコンタクトしていましたがまだ確実ではありません。続報を待ちましょう。6月17日朝に逮捕されました。




【画像】事故現場 大阪府吹田市の交番

↑ この交番。てっきり田舎の無人派出所みたいな建物かと思いきや割と新しめの交番でした。周辺にはマンションや施設なども建ち並んでいます。。

大阪・吹田市の千里山交番周辺の地図。さすがに拳銃もって飛行機には乗れませんが、新幹線に乗ることはできるので、大阪以外の方も油断はできません。

 

警官が拳銃奪われすぎ問題

2018年には富山県で警官が拳銃を奪われいます。この時は奪ったあとに警備員に発砲、被害者の警官稲泉健一警部補と警備員の2名が死亡してしまいました。

2016年にも警官が拳銃を奪われており、警察庁は拳銃奪取防止システムの導入を2020年から前倒しすると発表していました。

↑ これは指紋認証なのでこういうやつではありません。腰から奪われないようにするため、拳銃入れを改良するとのことでしたが、今回の事件には間に合いませんでした。




犯人の目的はG20大阪サミット?

6月28日からはG20大阪サミットも控えています。明らかに拳銃狙い撃ちなので何らかの目的があるだろうという声もありました。

各国の要人達があつまるため、何とかこの日までに犯人を逮捕したいところです。

仮に逮捕できなければ物凄い警備体制になりそうです。会場の変更は難しいでしょうし、ここで発砲されたらシャレになりません。アメリカなどでは民間人も銃を所持できるため毎回このレベルで警戒していると思うと、どう考えても銃社会はデメリットの方が多いように思います。

 

警察官への批判

刺されて重傷の警官が批判もされるという追い打ちを受けていました。




ネットの反応

拳銃奪ったらどんな罪になるのか

以前埼玉県深谷市で警官から銃を奪おうとして無職69歳の男性が逮捕された事件では、強盗未遂罪と公務執行妨害罪で逮捕されていました。尚この時は刃物で脅していたようですが直接傷つけられてはいません。

罪が複数ある場合、一番重い罪の量刑+その半分を加えた期間(全ての長期合算を超えないものとする)となります。警官に危害を加える行為は厳しく追及されるのが慣例なので懲役刑は免れないでしょう。

今回は既に警察官に重傷を負わせているのでもう何やっても同じとばかりに無差別殺傷事件への発展も危惧されています。我々庶民もしばらく警戒した方が良さそうです。














-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.