体操 オリンピック 社会

世間はバカ 体操協会が宮川紗江に反省文要求で「塚原夫妻の責任」

投稿日:

日本体操協会がパワハラ問題を告発した宮川紗江選手に対し、反省文を要求していることが明らかになりました。

塚原千恵子、塚原光男両氏の名誉を傷つけたという名目での反省文要求のようです。世間ではこのタイミングで再び塚原夫妻が叩かれていますが、これはかなり危ういです。

こういう辞めろという意見も多いようですが、これも結構的外れで塚原夫妻は既に今期限りで退任が決定しています。

反省文の提出は必要ないと思いますが、それを主導したのは日本体操協会であって塚原夫妻がどこまで介入していたのかは第三者には今のところ知る由がないです。その辺の世間の決めつけはちょっと恐ろしいですね。

ラグビーやレスリングのパワハラ騒動でもそうでしたが、告発した弱者はかなりの信頼感があるようです。

 

反省文は必要ない

宮川紗江は結果的にパワハラ騒動をめぐる争いで負けてしまったわけですから、色々反省すべきだとは思います。風向きを変える致命的なビンタ動画も流出してしまいました。塚原夫妻の名誉も傷つけてしまったかもしれません。

ただだからといって反省文の提出はアホの極みですね。(体操協会がです。)

こんなことしても世間の反感を買うだけなのは分かり切ったことなので、宮川紗江に制裁を与えたかったのであれば、もっと賢いやり方があったはずです。(制裁が正しい事かどうかは分かりません)

なんでこうもヘタクソなんでしょう。まあもしかしたら塚原夫妻がどうせ辞めるからと、最後に宮川紗江に対して嫌がらせをしたのかもしれないですね。そうでも思わないと、体操協会の想像力の欠如っぷりに落胆してしまいます。

ちなみに塚原光男氏は

今回の決定に対して直接コメントはできないが、体操界の発展のために努力してきた。どういう形であれ、これからも努力していく。

こうおっしゃっていました。

 

高須院長も激怒

これがパワハラと怒っていました。高須クリニックは現在宮川紗江選手のスポンサーです。こんな行為する体質だったらやっぱりパワハラはあったと思われても仕方がないですね。

池谷幸雄にも注意

池谷幸雄にも厳重注意。

この人はかなり塚原叩きに傾いていたのでこれは仕方ないかなと思います。引き抜き行為に関しても全否定していましたが、他のスポーツ業界を鑑みると引き抜きは必ずしも悪ではないですし、全力で塚原叩きをした割に根拠や証拠が伴っていなかった印象です。

メディアで何かを断定して批判するのであれば、決定的な材料が欲しいところです。結果的にパワハラは認められませんでした。

 

ネットの反応

パワハラはあったのか

根本的にこの騒動は派閥争いだと思ってます。

以前も記事にしましたが、塚原夫妻を表立って批判していた方々は全員日体大派閥です。具志堅幸司さんなどはビンタ動画が流出して完全にトーンダウンしてしまいました。体操は日体大が多いですが、冨田洋之を輩出した順天堂大学など全員が日体大ではありません。

だからといって勿論パワハラはあってはいけません。

塚原夫妻のパワハラは多分今の基準でいうと該当することはあったと思います。ただ宮川紗江に対してパワハラがあったかとうかはちょっと怪しいですかね。一連の事実を見ると塚原夫妻の言い分は割と筋が通っています。

宮川紗江は嘘をついていたというより、コーチに心酔するあまりまわりが見えなくなってしまったという印象です。

塚原夫妻の退任は決定していますし、今後は健全化が進んでいくことでしょう。東京五輪までに更なるスキャンダルが出てこないことを祈るばかりです。









-体操, オリンピック, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.