芸能人

滝沢秀明引退の理由 ジャニーズ社長へ ジュリーと今井翼の今後

投稿日:

滝沢秀明さんが芸能界を引退し、現在の所属事務所ジャニーズも退社することが明らかになりました。

年内で引退。タッキー&翼は既に解散済み。事後報告にファンは騒然としているようですが、滝沢秀明はなんとプロデューサー側にまわりジャニーズ事務所の社長への道を進むことに。

一方今井翼さんはジャニーズ事務所を退所し、まずはメニエール病という難病の克服に尽力するということです。

 

タッキー&翼の最後の仕事

既に解散済みなので、このGATSBYの仕事がお二人の最後の仕事になってしまいました。

ちなみにデビューは2002年。アルバム「Hatachi」でデビューし、エースタッキーを支えながら順調に活動していたんですが、今井翼さんがメニエール病という難病に悩まされ、仕事に支障をきたしてしまっていました。

タッキーは正真正銘のイケメンだっただけに、タレントとしてはもっとブレイクしても良かったですね。細木和子にも気に入られていました。

二人組のユニットとしてはKinKi Kidsのようにバランスの取れたコンビだったので、イマイチブレイクしない状況にはファンも事務所も本人たちも歯がゆい思いがあったのかもしれません。

 

滝沢秀明芸能界引退の理由

芸能活動を継続しながら、平行してプロデュース業をやっていくこともできるはずですが、ハッキリ引退するというのはジャニーズ事務所の先輩方に対するケジメでしょうね。

東山紀之や近藤真彦や木村拓哉など、ジャニーズの幹部になりそうな先輩タレント方は他にいましたし、特に近藤真彦に関しては次期社長候補とも言われていたので、引退というケジメをつけることで筋を通したんだと思います。

滝沢秀明は近藤真彦と違って世間的なイメージも悪くないですし、ジャニーズファンとしては滝沢秀明社長誕生に納得している人も多いのではないでしょうか。

 

今井翼が退所する理由

滝沢秀明は芸能界引退しますが、今井翼は病気と闘いながら芸能活動の再開を予定しています。

ジャニーズ事務所に残る選択もあった中でのジャニーズ退所という状況に、ジャニーズをクビになった、滝沢秀明に見捨てられた、という意見が囁かれています。

ただこれに関しては個人的には今井翼さんが自主的に事務所を辞めたのかなと思います。ジャニーズ事務所所属のままだと仕事もかなり制約されますし、事務所に残って飼い殺しになるよりは外に出て新たな可能性を模索したほうが仕事の幅は広がると判断したんじゃないでしょうか。

知名度はありますし、メニエール病を克服すれば講演会などの仕事にも結び付けられるので、ジャニーズ事務所に拘る必要もないのかなと思います。

 

社長はジュリーでは?

ジャニーズ帝国のトップであるメリー喜多川さんも92歳ですから、今後の事を考えてこの思い切った人事になりました。

しかしメリー喜多川には実の娘のジュリー景子という正当な後継者がいるので、本来ならばジュリーさんがそのまま社長の座につくはずです。

ですので今後は滝沢秀明はジャニーズ事務所の顔、実質的な経営はジュリーという経営方針になると思います。今現在も社長はジャニー喜多川で実権はメリーとジュリーと言われているので、その経営体制自体は今現在とそれほど変わりません。

 

ジャニーズファン悲痛

突然の発表だっため筋金入りのタッキーファンはまだ状況を呑み込めていないかもしれません。これから悲しみは広がっていきそうです。

 

まとめ

ジャニーズ事務所はスマップ解散や、タレントのトラブルなどで世間的な評判はかなり低迷しています。そういう意味でいうと滝沢秀明は近藤真彦よりは好感度が高いでしょうし、ジャニーズにとってのカンフル剤になるかもしれません。

今後の方針としては、男版宝塚のごとくミュージカルにかなり力を入れていく気がします。滝沢秀明は頻繁にミュージカルやっていましたし、テレビと並行はするでしょうが舞台の良さをしっているタッキー社長の手腕に期待しましょう。














-芸能人

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.