炎上 陸上 コロナウイルス

為末大ツイッター炎上 満員電車への賛否 百田尚樹 竹田恒泰も苦

更新日:

世界陸上400mHで銅メダル2つを獲得している為末大さんが、コロナウイルスに関する発言で一般人を見下していると炎上しています。

かつては中田英寿のようなファッションアイコンに憧れていたと自白していた為末大ですが、ようやく見つけた今の立ち位置にてボロが出てしまいました。

満員電車に乗り出勤するサラリーマンに対し、「出勤しちゃうんだ」と無神経な発言からの、殺伐としてきたかなと煽りのコンボです。

私の為末大さんの印象は、『決して頭がいい方ではないのに賢く見せたがる人』の典型で、何かと首を突っ込むも回りくどい言い方の割に中身が薄く、背伸びして小難しい単語を使っているだけのことが多かったです。今回の無神経な発言は想像力の欠如故だと思います。

といっても為末大さんの発言を全否定しているわけではなく、満員電車で出勤している世のサラリーマン方にも問題がないとはいえません。後述します。

※3日後に謝罪されています。

百田尚樹と竹田恒泰は為末批判

k1や椎名林檎をを批判しながら出勤

k1や椎名林檎率いる東京事変、あとは各地のライブやパチンコもそうですが、コロナウイルス感染拡大に一役買いそうな業界に対して、一般人は常に攻撃的でした。

彼らを批判しながら満員電車で出勤しているサラリーマン(医療従事者など一部優先順位の高い業種除く)は矛盾していると指摘されても仕方がない部分はあります。

k1のトップや椎名林檎などごく一握りの人間はともかくとして、ほとんどの人間は「目の前の生活」のために、自粛した方がいいと理解しつつ止む無くイベントを開催していたはずです。

この9割以上の人間が持っているであろう「自分さえ良ければいい」の精神は悲しいかなどうにもならないので、政府が落としどころを見つけるしかありません。

 

現役時代はかっこよかった

やはりアスリートは現役時代が一番かっこいいです。

ハードルを飛び越えるだけでなく世渡りもうまく、引退後も知名度を生かして近代のセカンドキャリアの成功例となっていますが、時折やや選民意識の高さを感じさせています。

同じく世界陸上のトラック種目で銅メダルを獲得した同年代の末續慎吾は対照的に不器用に生きているので、足して2で割るぐらいだったらちょうどよかったかもしれません。

 

ネットの反応まとめ

もう少し言い回しを変えればここまでは批判されていなかったかもしれません。まあ今回ばかりは有名人も金持ちも忖度してくれないので、彼らもストレスが溜まっているのかもしれません。










-炎上, 陸上, コロナウイルス

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.