不祥事、事件

【顔画像】東大生放火事件 木内真璃奈が美人と評判 鉄緑会講師も 

更新日:

交際していた男性の家に放火しようとしたとして、東京大学に通う木内真璃奈が逮捕されました。

学歴以外にも木内真璃奈の顔写真も本人のフェイスブックから流出しており、鉄緑会という主に東大生で構成される高校生向けの塾講師をしていたことも明らかになっています。

鉄緑会の生徒からの評判も良かったらしく、勉強をがんばってきた女性が初めてできた彼氏のせいで犯罪に走ってしまったのでは?と一部同情的な意見もありました。

二人で男性の部屋にいた際口論になってしまい、男性が近くの交番に駆け込み警官と一緒に部屋に戻ったところ、女性の姿がなく服が燃えていたそうです。

部屋を滅茶苦茶にする延長線上でつい火をつけてしまったのかもしれませんが、放火は非常に重い罪になりますので、女性は今頃は非常に後悔しているはずです。調べに対して「覚えていない」という発言をしていることから、メンヘラ精神疾患で罪を軽くする狙いがあるのかもしれません。

 

鉄緑会とは

右の画像が鉄緑会の勉強環境。菊川怜さんも鉄緑会出身者だそうです。月額6万円程度の学費で、毎年安定して東大理三や東京医科歯科大学に合格者を輩出する人気の予備校で、東大生の木内真璃奈もそこの元講師だったと報道がありました。

顔も可愛く人気があったそうです。

東大生をバカにするな

ネットでは「東大生は危険」と揶揄する意見が多かったため、それは東大生に対する嫉妬では?と批判もありました。

ネットの反応

放火の罪の重さは?

口論だけで交番に駆け込むのか疑問ですので、室内での暴力行為もあったかもしれませんが、つまるところ問題になってくるのは放火が司法上どう扱われるかです。

服に火をつけたとのことですが、建物にも引火していると判断されれば、「現住建造物放火」となり『死刑又は無期若しくは5年以上の懲役』という痴話喧嘩では済まない量刑になってしまいます。

ただし洋服だけに火が付いた状態で消化していれば、放火未遂事件として執行猶予付きの挽回可能な程度の罰となるでしょう。燃えにくい服であったならば彼女にとっては助けになりそうです。

彼氏が交番は情けない?

彼氏もちょっとした喧嘩ごときで警察に頼るとは情けないと思ってしまいますが、まあ確かに放火するような女性は何をするか分かりませんし、つい先日新宿で女性による刺殺殺人未遂事件があったばかりなので恐怖心があったのかもしれません。

とりあえず今回は大きな怪我人がいなくて幸いではありました。以上東大生による放火未遂事件でした。




-不祥事、事件

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.