不祥事、事件 炎上

「TVer(ティーバー)」不正アクセス 犯人はなんJ民か 尊師画像やケツ毛バーガー

投稿日:

民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」が不正アクセスにより、サイト上の番組紹介などの画面の一部を、ネット流出の被害者画像や、コロ助の「~ナリ」と改ざんされてしまう事態になりました。

特にネット流出画像は、まだネット上での個人情報の扱いが整備されていなかった平成中期に拡散された画像であり、犯人の年齢を感じさせます。また、tverの管理画面がグーグル検索にて表示されていたことから、tverの管理の甘さも指摘されています。

尚この不正アクセスを受け、tverはツイッターにて謝罪。

一応個人情報の流出はないそうです。

 

tver管理画面

何故かグーグルの検索システムにインデックスされていたtver管理画面。

パスワードとIDが分からなければログインすることはできないですが、大手メディアにしてはセキュリティ体制がかなり杜撰だったようです。

 

リアルタイムで乗っ取りを体験した人

ライブ感があったんじゃないでしょうか。

 

不正アクセス禁止法、逮捕案件

当然ですが逮捕対象です。やっちまった人は3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。

・スターク電気通信回線(インターネット・LAN等)を通じて、アクセス制御機能を持つ電子計算機にアクセスし、他人の識別符号(パスワード・生体認証など)を入力し、アクセス制御機能(認証機能)を作動させて、本来制限されている機能を利用可能な状態にする行為 (1号)

・電気通信回線を通じて、アクセス制御機能を持つ電子計算機にアクセスし、識別符号以外の情報や指令を入力し、アクセス制御機能を作動させて、本来制限されている機能を利用可能な状態にする行為 (2号)

・電気通信回線を通じて、アクセス制御機能を持つ他の電子計算機により制限されている電子計算機にアクセスし、識別符号以外の情報や指令を入力し、アクセス制御機能を作動させて、本来制限されている機能を利用可能な状態にする行為 (3号)

上記のような行為が対象。平成11年に施行されたまだ新しい法律です。

 

犯人はなんJ民?

「なんJ」とは2ch(現在は5ch)の「なんでも実況J板」の住民です。今回張られていた画像の一部が、当時なんJ民を巻き込んだ裁判沙汰の事件を引き起こしたきっかけだったことから、一部では犯人はなんJ民なのでは、と言われていました。

まずドラマのタイトルが以下のように変更されてます。

「あなたの番です」⇒「あなたの番ナリ」

「集団左遷!!」⇒「集団予告!!」

「俺のスカート、どこ行った?」⇒「当職のスカート、どこ行ったナリ?」

ネタが微妙すぎて逆に笑ってしまいました。あとはケツ毛バーガーと呼ばれる女性の流出画像(現在はネット上からほぼ全て削除済み)や、尊師と呼ばれている「ネットに強い弁護士」のイラスト画像などにサムネ画像が差し替えられていました。

この尊師の画像がなんJ民と密接なか関わりがあるようです。

このニュースを報じた「ねとらぼ」ではイラストにも拘わらず画像にモザイクがかけられていましたが、その方は以前かなり大規模な裁判と削除依頼を行っており、面倒を避けるためにイラストにもモザイクをかけたものと思われます。

 

尊師とは

長谷川亮太なる人物が、八神太一を名乗り「なんJ」にて自分語りや盛った話などを展開して、掲示板利用者から疎まれていたらしいのですが、彼は個人情報を断片的に掲示板に書き込みしていたことと、ツイッターやmixiと情報を連携していたため、なんJ民により大学など特定されてしまいます。

そこで彼が頼った弁護士がこの尊師なる人物で、彼の働きもありネット上から徐々に長谷川亮太氏の情報は削除されていきます。

事態はそれなりに収束したかに思いきや、思い出したかのように尊師と長谷川亮太氏の画像がカードになり拡散された際、自分の情報だけをネット上から削除したことから、この尊師もネット上でイジられる対象になってしまったようです。

しかしそこは弁護士ということで、彼の名前や画像などは迅速に削除されることが多く、イラストと’尊師’として表現されることになった経緯があるようです。平成の終わりにある意味平成を象徴するかのような画像が使われた次第です。

 

ネットの反応

tver楽しそう

テレビで放送された番組をネットで無料で視聴できるサービスです。

恥ずかしながら知らないサービスでした。今は多様な配信スタイル があって全ては把握しきれないです。tverは災難でしたがいい宣伝になったんじゃないでしょうか。もう乗っ取りはないと思いますので、興味ある方は是非ご利用されてください。




-不祥事、事件, 炎上

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.