社会 コロナウイルス

WHOのパンデミック宣言とは 新型コロナ流行で東京五輪中止へ

投稿日:

WHOがパンデミック宣言しました。中国に配慮しWHOの信頼を失墜させたテドロス事務局長もついに白旗でしょうか。

テドロス氏はエチオピア人なんですがアフリカでコロナ感染が蔓延した場合、辞任や刑事罰以上の代償を払うことになるかもしれません。ではWHOのパンデミック宣言について。

新型コロナウイルスが日本で拡大してしまったのは春節に中国人を歓迎してしまった安倍首相の責任だと考えています。それはそれとして悪の根源といえるのは習近平とこのWHOのテドロス事務局長ですかね。

彼らにも事情はあったのかもしれませんが、責任を取らなければいけない立場であることは間違いないです。中国に至っては国家の存亡を危ぶむ声もありました。そこまでの大ごとになってしまったパンデミックとはどういう条件で宣言され、どういう意味を持つのでしょうか。

 

パンデミック宣言とは 今後どうなる?

ざっくりいうと世界的大流行、およその定義的としては2つ以上の大陸で地域社会レベルの集団感染の持続とのことです。パンデミック宣言によりどうなるかというと、テドロス氏に関してはパンデミック債で利益を得ていた投資家からの信頼も失ってしまいました。

できれば7月15日以降にしたかった事情があるようです。

国家レベルでいうと、各種イベントの中止や外出禁止の動きがより加速する可能性が高いです。東京五輪も恐らくは中止もしくは延期になる公算が高くなりました。あとは誰が負担するかという別の戦いが始まりそうです。

これまでは大げさだとタカを括っていた楽観派の人間も、パンデミック宣言されたことにより事態の深刻さを理解するでしょう。危機感を共有することは防疫の観点では良いことかもしれませんが、経済的にはより終わりの見えない不況が続くことになるかもしれません。

 

中国のためのWHO

武漢でコロナウイルス感染拡大が公になったのは1月の中旬でしたが、WHOとテドロスは一貫して中国にポジティブな発言を続けてきました。

WHOが正常に機能していれば、ここまでのパンデミックにはなっていなかったと考えている方は少なくありません。中国や武漢の危機的状況を隠蔽し、コロナウイルスの感染に一役買ってしまいました。

また日本もつい先日40億円を援助した直後に、日本はよくやっているとの言葉を頂いていました。WHOは完全に腐敗しているのでしょうか。一度解体した方がいいのかもしれません。

 

パンデミックは大げさ派も

ネットの反応まとめ

ワクチンの開発は早い段階では難しい類のウイルスのようですが、歴史上最高レベルのリソースが割かれるはずなので期待はしています。










-社会, コロナウイルス

Copyright© 本日の解説クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.