芸能人 不祥事、事件 お笑い芸人

闇営業ギャラ一覧 宮迫博之100万田村亮50万‥大﨑洋の芸人論

投稿日:

吉本興業が反社会的勢力の宴会に出席した宮迫博之ら所属お笑い芸人のギャラ一覧を公表するとともに、世間から批判されている契約書が無いなどの問題について大崎洋会長が言及されました。

また吉本興業は闇営業で受け取ったギャラ分の金額を寄付するなど、騒動の収束を図っていますが、今の所ネットでは厳しい批判が続いています。

受け取ったギャラの金額一覧は以下

宮迫博之(雨上がり決死隊) 100万円

田村亮(ロンドンブーツ) 50万円

レイザーラモンHG 10万円

福島善成(ガリットチュウ) 3万円

ディエゴ(ストロベビー) 3万円

木村卓寛(天津)

ムーディ勝山  3万円

くまだまさし  3万円

パンチ浜崎(ザ・パンチ) 3万円

八十島宏之(2700)  3万円

常道裕史(2700)  3万円

宮迫博之の100万円はともかく田村亮の50万円はコスパが悪いような気がしました。

※ザブングルは他事務所なので吉本からは非公表。一部介護を舐めるなといった声もありましたが、ナベプロの対応は杜撰な吉本とのギャップもあり世間に好印象を与え、ザブングルは許された感があります。

稲川会の幹部がやってきた別口の闇営業のギャラは以下

真栄田賢(スリムクラブ)  7万5千円

内間政成          7万5千円

八十島宏之(2700)  5万円

常道裕史         5万円

尚仲介したバンドー太郎は10万円と言っていました。

宮迫田村はともかく、他の芸人さんは知名度の割にギャラが格安で驚きました。逆にいうと吉本興業のギャラがそれだけ低いのでしょうか。

 

吉本興業芸人のギャラと収入

以前吉本興業の芸人達が月収をテレビ番組で公表していたことがあります。無論盛っている可能性や闇営業分も入れた収入かもしれませんし、あとは年末年始は稼ぎ時だったりと時期によって芸人の収入は変動があるはずなので参考程度にご覧ください。

ライセンス井本貴史さん。

ダウンタウンの浜田雅功さんのお気に入りとして有名です。月収100万越え。年収でも1000万以上です。所得税を払えば800万円程度の手取りでしょうか。

すぎちゃん。

営業に強そうです。一発屋のイメージがありますが十分稼げています。ちなみにすぎちゃんはサンミュージック所属です。

 

じゅんいちダビットソン。

アミーパーク所属です。本田圭佑に足を向けて眠れないでしょう。本田が引退したらどうなるのか割と興味があります。

 

麒麟の田村裕さん。

他の芸人に比べると少ないですが、同年代のエリートサラリーマン程度には貰っています。また彼はホームレス中学生の印税が1億だか2億あり川島明さんとも折半していないので生活は余裕でしょう。

そういえばこの方もヤクザらしき男性との写真が流出していましたが、あれは不可抗力にも見えます。

 

8.6秒バズーカ。

一発屋の典型ですがそれでもまだこの月収をキープしています。

 

天津の木村卓寛さん。

これはちょっと少ないです。エロ詩吟が10年以上前なので苦労しているんでしょうか。闇営業に出席して処分されています。

 

バンクブーブーの黒瀬純さん。

これはうらやましい収入額です。ちなみに黒瀬純さんは元暴走族の副総長だそうです。

 

ザ・たっちのお二人。ホリプロコム所属です。

 

カラテカの矢部太郎さん。

思いの外少ないです。漫画の印税とかはないんでしょうか。相方の入江慎也は解雇処分となっています。

 

バンビーノのお二人。

一発屋だそうですがテレビを見ないので彼らの存在を知りませんでした。好きなことやって30代前半で50万円は立派です。

 

ザブングルの松尾陽介さん。

テレビの仕事は少ないですがネット配信でのMCや営業などの仕事はコンスタントにこなしています。ちなみにナベプロ所属です。闇営業では2か月間の謹慎処分と介護施設などでのボランティア、所得の再申告などいち早く対応を見せていました。

 

闇営業を吉本興業のせいにするな

吉本興業とナベプロなど他事務所の芸人達の収入を比較しても、吉本興業が酷い環境には思えないです。恐らく単価は安いんでしょうが、仕事の量や貰えるチャンスの多さなど吉本興業の長所もあるはずです。そもそも吉本興業に良いところがなければ、芸人を志す若者が自分の意思でこんなに沢山集まるはずもありません。

吉本興業に問題点は多いですが、闇営業を吉本興業のギャラの安さのせいにするのはお門違いに感じます。(斡旋や黙認などの疑惑については別問題ですが)

 

吉本興業大崎洋会長の対応

大崎洋さんといえば初代ダウンタウンのマネージャーで当初は窓際族だったようですが、ダウンタウンとともについにはトップに社長⇒会長に上り詰めました。(社長はこれまだタウンタウン元マネージャーの岡本昭彦さん)

ちなみに大崎洋さんは関西大学、岡本昭彦さんは天理大学出身。吉本興業は学歴主義ではなく、一応は運と実力主義の会社なのかもしれません。

以下大崎洋氏のコメント。揺れている吉本興業の今後について言及されています。

契約書がないなどの問題について

国連、法務省、経済産業省、中小企業庁、大阪府、大阪市などには、今回の件で手分けして一度ならず二度、三度とご報告に上がっている。「今回のことは良くなかったけれど、大丈夫です」というお言葉をいただいている。

6000人を超える所属芸人と低いギャラ問題について

吉本に入ってお笑いやりたいんです、吉本しか行くところがないんです、という子たちに、来るなとは言えません。

縁あって吉本の門をくぐった以上、本業で月に2000円しか稼げなくても、がんばって居酒屋のアルバイトであとの12万円を稼ぎなさいね、ということだと思う。

それは、どの世界でも同じ。本業でいきなり食っていけるわけではない。十分な給料をあげて安心して暮らしながら修行しなさいというのが、本当の愛情なのか。

なにかのきっかけですごくいい仕事が、すごくいい漫才のネタができるかもしれない。吉本しか居場所がない人においでよ、と言うのは、まちがったことではないと信じている。

又吉(直樹)や、キングコングの西野(亮廣)くんのような才能のある子は、我慢を重ねて花開いた。でも、才能はあまりなくても、ここしか居場所がない人もたくさんいます。

ギャラ200円などのスタイルを変えるつもりはないようです。契約書を結べば労働基準法に反してしまうため、建前としては個人事業主という形態でグレーでやっていく感じでしょうか。

 

ネットの反応

宮迫博之の復帰はあるのか

個人的には解雇はされず、復帰に向けて動き出すのかなと思います。一応来週あたりに最終的な決定が下されるようです。

↑ このように宮迫博之が後輩のためにがんばっているという擁護記事も出始めました。

あとは松本人志さんも「クビでいい」といったものの、ローカル局で共演していた番組「松本家の休日」公式HPからの削除はなかったと報道もありましたし、松本人志は優しいので、仲の良かった宮迫博之を完全に見捨てることはできない気がします。

あとは今回の件は嘘どうのこうのよりも、ヤクザや半グレが来ると容易に想像できるであろう闇営業に行ったことのほうが大きな問題だと思っているので、下っ端芸人が同情されザブングルが既に許されているのであれば、宮迫博之や田村亮に対する風当たりは厳しすぎる感が少しあります。

まあそれだけ嘘は印象が悪いということでしょうか。今後どうなってしまうのか見守りましょう。














-芸能人, 不祥事、事件, お笑い芸人

Copyright© 本日の解説クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.