政治 国際ニュース 社会

安田純平解放にカタール政府が身代金3億も払った理由 人質回数に驚き

更新日:

3年にも及ぶ人質生活から解放された安田純平さんですが、解放にはカタール政府の働きかけがあったことが明らかになりました。(解放の知らせもカタール政府からでした)

3億3700万!

自作自演のプロ人質説もあるので表向きという方もいそうですが、一応身代金が支払われ正規の人質であったというのが大筋の見方のようです。

ではなぜカタール政府が日本人の救出に腰を上げたのでしょうか。

 

カタール政府の狙い

安田純平を人質にとっていた武装勢力に対するカタール政府の資金援助の可能性もあるようです。

直接的な資金提供は「政府がテロ支援」となって都合が悪いので、人質を救うためという名目で国際的に批判されない状況を利用した、といった見方です。バーのマスターが連れの女性を酔い潰そうとしている男性客の要求に応えて、悪いと分かっていつつも酒を提供し続けるようなもんでしょうか。

とにかく単なる善意ではなくカタール政府にとっても利益があるということですね。

そしてこのタイミングになったのは、サウジアラビアのジャーナリスト「カショギ氏」処刑の影響でしょう。

トルコにあるサウジアラビア大使館で殺害されたため、トルコとサウジアラビアは分かりやすい対立構造があります。カタールもまた自国を孤立させようとしていたサウジアラビアとは関係がよろしくありません。

ということでトルコとカタールが結託し、ジャーナリスト殺害の汚名で評判が失墜しているサウジアラビア政府に追い打ちをかけるため、対照的なジャーナリスト解放のために動いた可能性が高いとみられているようです。

 

安田純平の人質回数

安田純平は今回の件で6回も人質になっているようです。

人の命なので私は助かって良かったと思いますが、これを見ると「いい加減にしろ」という手厳しい意見も十分理解できます。

(助かって良かったとは思いますが、彼のジャーナリズムには全く共感できません)

これはひょっとすると世界記録かもしれないですね。ギネス記録とかあるんでしょうか。数か月後また中東をウロウロしない事を願います。

スポンサーリンク



安田純平を庇う意見

解放されたものの、その自業自得ぶりで叩かれまくっていたので、それは違うという意見も出てきました。

以下別のジャーナリストの方の意見

うーむ。これに対しては結構賛同者がいました。

どうなんでしょうか。

 

日本政府は関与しているのか?

我々の税金が・・・という心配をしている方もいました。

色々な意見がありますね。

人の命は尊いですが、無制限に助けるべきかというとそういうわけにはいかないので、自分勝手な行動が騒動の原因な以上、批判的な意見のほうに理があるのかなと感じています。(死ねば良かったとは言えないですが。難しいですね。)

「もう行くなよ」って言われると行きたくなる芸人魂に近いマインドがジャーナリストにはあるのかもしれません。本当にもう行っちゃ駄目ですよ。














-政治, 国際ニュース, 社会

Copyright© 本日の解説クラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.